転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/12/02 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 面接対策をする > 給与の低さが退職理由なのは言っても平気?

転職Q&A

面接対策をする編

一覧に戻る

給与の低さが退職理由なのは言っても平気?

現職の仕事内容には特に不満はないのですが、給与が低いため、転職を考えています。転職先には、この場合、面接等での退職理由を説明する場合に、正直に給与の低さに不満があったので、と説明したほうがいいのでしょうか。

(S・Kさん、ほかからの質問)

問題ありませんが、説明には注意が必要です。

退職理由としては問題ありませんが、ただ単に「給与が低かったので」と伝えるのは、給与面だけに固執していると判断される恐れがあります。説明には注意が必要です。

具体的な事例・データを挙げつつ、「業務で成し遂げた実績に給与が見合わなかったので」といった表現で伝えると、自己アピールにもなり、マイナスの印象を与えません。

また、「自分の人生設計と照らし合わせ、収入面でもより上を目指していきたい」といった表現で伝えるというのも一つの手です。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部)