転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/30 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 面接対策をする > 上司との金銭問題を理由に退職しました。面接では退職理由をどう説明すればいい?

転職Q&A

面接対策をする編

一覧に戻る

上司との金銭問題を理由に退職しました。面接では退職理由をどう説明すればいい?

前の会社では上司から金銭の無心が度々あり、職場にかかってくる上司あての督促電話の対応もさせられました。周囲の先輩に相談しても、「大変だね」と他人事のような態度。結局、上司との金銭問題が理由で退職しました。現在は無職で就職活動中です。面接で退職理由を聞かれたら、このことを正直に話してもいいのでしょうか。それともオブラートに包んでやんわり伝えるべきか、はたまた全く違う退職理由を述べるべきなのか、わからずに困っています。

(Y・Tさん、ほかからの質問)

上司との金銭問題を正直に説明すると同時に、前向きな転職理由も伝えましょう。

前の上司との金銭問題が退職の一番の理由であるなら、正直に伝えて構いません。金銭トラブルがあなたに直接関わるものでなければ、採用に影響することはありません。ただし、前の上司や会社の悪口にならないよう、伝え方には注意しましょう。

なお、面接担当者が退職理由を確認するのは、あなたがどんなふうに働きたいと思っているのか、どんな仕事がしたいのかについての手がかりを得るためです。前の上司との金銭問題の説明は簡潔に済ませ、「本来の業務に専念できる環境を得たいと思い、退職を決意しました」など、前向きな退職理由を添えるようにするといいでしょう。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)