転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/30 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 面接対策をする > 試用期間中の解雇はどう説明したらいいですか?

転職Q&A

面接対策をする編

一覧に戻る

試用期間中の解雇はどう説明したらいいですか?

私は、大きなミスをした訳ではありませんが試用期間中に解雇通知を受けました。現在転職活動中ですが、面接での退職理由をどのように答えればよいのでしょう?

(K・Tさん、ほかからの質問)

まずは、解雇の理由を明確にしてから、反省・改善点を述べましょう。

解雇された理由が全く思い当たらない場合は、理由を記載した証明書の発行を、以前の会社に請求してください。試用期間中でもすでに労働契約は成立しているため、あなたは従業員として解雇の理由を知る権利があるからです。

なお、解雇にあたっては、客観的に合理的な理由がなければ認められません。よって、解雇した会社側は、解雇の理由を「コミュニケーション能力がない」などといった抽象的なものではなく、具体的に明示しなければなりません。

会社側からの解雇の理由が納得できるものだった場合は、「転職後は同じことを繰り返さないように注意したい」といった旨を面接時に伝えるとよいでしょう。

もし、会社側から提示された理由が納得できないものだったとしても、面接時に自分に非がないことを主張しすぎるのは避けましょう。今後は解雇の原因となった点を反省・改善をして働きたいという意思を伝えたほうが、プラスの印象になります。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部)