転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/12/09 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 面接対策をする > 残業や休日出勤がどれくらいあるか気になります。面接でどう質問すべき?

転職Q&A

面接対策をする編

一覧に戻る

残業や休日出勤がどれくらいあるか気になります。面接でどう質問すべき?

自分の時間が持てる働き方をしたいので、残業や休日出勤がどれくらいあるかが気になります。できれば面接で確かめておきたいのですが、どのように質問すればいいでしょうか?

(T・Mさん、ほかからの質問)

「前職では月に○○程度の残業があったのですが、御社ではいかがですか」などと、遠回しに聞きましょう。

「残業はありますか」とストレートに質問すると、「残業はしたくないのか?」と熱意が疑われる恐れもあります。「前職では月に○○程度の残業があったのですが、御社ではいかがですか」などと、遠回しに聞くようにするといいでしょう。その際は、「一つうかがってよろしいでしょうか」など丁寧に問いかけてください。条件面ばかり気にしていると受け取られないよう、タイミングは複数回の面接がある場合は最終面接で、1回のみの場合はその面接の最後に質問するようにしてください。

なお、育児や介護と両立するために残業できないなどの理由がある場合には、その事情も率直に伝えることをオススメします。状況を伏せたまま入社して無理を重ねたのでは、あなたにも会社にもいい結果にはなりません。ただし、自分の事情だけを主張すると一方的な印象を与えてしまいます。「限られた時間の中で成果を出せるよう、効率化に努めます」と前向きな姿勢を伝える、「家族の協力があり、月に○回程度なら残業が可能です」と、ある程度は柔軟な対応ができる態勢を整える、などを心がけるようにしてください。

この内容は、2016/03/10時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:松尾友子、冨塚祥子)