転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/30 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 面接対策をする > 面接後にお礼状を出そうと思います。変ですか?

転職Q&A

面接対策をする編

一覧に戻る

面接後にお礼状を出そうと思います。変ですか?

今応募している会社に、どうしても入社したいと思っています。少しでも採用担当者の印象に残るように、面接の後にお礼状を出そうと思うのですが、変ではないでしょうか?

(M・Rさん、ほかからの質問)

お礼状によって合否が変わることは期待できませんが、送ることは変ではありません。

企業は、応募者の経験や能力、職務適性などを基準に採否を判断します。お礼状を送ったからといってそれで合否が変わることはないと思いますが、採用担当者に多少なりともよい印象を持ってもらえるかもしれません。送ることは変ではありませんし、送ってマイナスになることはありません。

お礼状は書面を郵送するのが原則ですが、採用担当者のメールアドレスを知っているのならメールで送っても構いません。ただし、携帯のメールアドレスや今の勤務先のメールアドレスから送ることは、マイナス印象につながります。プライベートで使うパソコン用のメールアドレスから送るようにしましょう。送付するタイミングが早ければ早いほど、印象が強く残ります。面接があったその日か翌日のうちには送るようにしましょう。

ただ、お礼状を出すことよりも大切なのは、面接の場でのマナーです。退室するときには、「貴重なお時間をいただきありがとうございました。よろしくお願いいたします」などのひと言を添えましょう。その際には、相手の目を見ながら述べるのが礼儀。面接担当者全員とアイコンタクトを取りながら伝えるなど、ビジネスマナーにかなった言動を心がけてください。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)