転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/28 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 求人を探し応募する > アルバイト経験しかなくても、職務経歴書は書くべき?

転職Q&A

求人を探し応募する編

一覧に戻る

アルバイト経験しかなくても、職務経歴書は書くべき?

仕事の経験といえるものは、誰にでもできるようなアルバイトしかありません。それでも、職務経歴書は書くべきでしょうか?

(S・Tさん、ほかからの質問)

書くことをオススメします。

履歴書にも職歴欄はありますが、これは入退職の記録にすぎず、どんな仕事の経験があるかを伝えることはできません。「誰にでもできるようなアルバイト」といっても、そこで経験したことや得たことが何かしらあるはずです。それを伝えるためにも、職務経歴書は書くことをオススメします。

書くことが少ない場合は、担当した仕事を細かく洗い出してみてください。例えばコンビニのアルバイトなら「接客、レジ操作、品出し、宅配便受付、清掃」など、どんなアルバイトにも複数の仕事内容があるはずです。仕事内容だけでなく、仕事の進め方に注目する企業も多くあります。「棚に欠品がないよう、マメな品出しを心がけた」など工夫したことがあれば、ぜひ書き添えましょう。

自己PRも、設けておきたい項目です。経験が浅い場合には、熱意をアピールすることが大切になります。なぜその会社に応募したのか、その仕事のどのようなところに関心を持ったのかなど、志望の熱意を自分の言葉で具体的に書きましょう。正社員への応募であれば、たとえば、アルバイトでは任せてもらえない範囲の仕事を、責任と権限を持ってしたいからといったように、なぜ社員になりたいと思ったかも書くようにしてください。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)