転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/23 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 求人を探し応募する > レジュメの選考で落ちたが、どうしても面接を受けたい。メールで熱意を伝えれば、選考を続けてもらえる?

転職Q&A

求人を探し応募する編

一覧に戻る

レジュメの選考で落ちたが、どうしても面接を受けたい。メールで熱意を伝えれば、選考を続けてもらえる?

リクナビNEXTの応募フォームによるレジュメの選考で、不採用になってしまいました。でも、その仕事に大変興味を持っているので、どうしても採用されたいと思っています。その企業の「送信メッセージ」欄に面接のチャンスをいただきたい旨を記入して送れば、選考を続けてもらうことができるでしょうか?

(K・Kさん、ほかからの質問)

必ず面接に進めるとは限りませんが、熱意はぜひ伝えましょう。

熱意が認められる可能性がないとはいえません。後悔することのないよう、企業に送信メッセージを送ってみることをオススメします。その際には、
・なぜその仕事に興味を持っているのか
・同業他社もある中で、なぜその会社で働きたいのか
この2点について、自分の言葉で志望の意欲を具体的に書くことが大切です。

ただ、即戦力募集など、企業側の採用要件が厳密に決まっているといった理由で不採用になった場合には、面接に進むことが難しい場合もあります。

また一般的にいっても、書類選考の段階で企業はさまざまな観点から選考を行うもの。ここで、経験や意欲を悔いなくアピールすることが大切です。今後については、
・職務経歴欄には勤務先名や部署名だけでなく、詳しい業務内容や仕事の実績、仕事で工夫したことなどを書く
・志望動機欄や自己PR欄を使って、熱意をアピールする
など応募フォームの書き方を、より一層工夫することをオススメします。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)