転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/30 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 求人を探し応募する > 新卒で就職した会社を3カ月で退職。職務経歴書に書くことがありません。

転職Q&A

求人を探し応募する編

一覧に戻る

新卒で就職した会社を3カ月で退職。職務経歴書に書くことがありません。

新卒で入社した会社を、3カ月で辞めてしまいました。次の仕事を探すために転職活動を始めたいのですが、職務経歴書に書くことが少なく、どうまとめてよいのかわかりません。何をアピールすればいいでしょうか。

(E・Nさん、ほかからの質問)

自己PR欄を充実させることで熱意をアピールしましょう。

職務経験が少ないからといって、心配することはありません。社会人経験3年目くらいまでの若手の採用選考では、経験やスキルよりも熱意や将来の可能性が重視される傾向にあるのです。

しかし、採用してもまた短期間で辞めてしまうのではないかということは、企業も心配します。その印象を面接時に取り除く工夫が必要です。なぜ転職しようと考えたのか、なぜその会社を応募先に選んだのか、どのような将来の目標を持ち、入社後はどのような仕事をしたいと考えているのかなどについて、自分の言葉で具体的に伝えることが大切になります。

これらをまとめるには、職務経歴書の職歴欄の下に自己PRのスペースを設けるといいでしょう。もしくは、A4判で1枚程度の自己PR書を添付するといった努力もしたいところ。より応募の熱意を伝えることができます。また、学生時代のサークルやアルバイトの経験なども、自己PRの材料になります。「志望動機」「自己PR」などと見出しを設けると、読みやすくまとめることができます。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)