転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/23 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 求人を探し応募する > 「人物重視」とあるのに、書類選考で落ちるのはどうして?

転職Q&A

求人を探し応募する編

一覧に戻る

「人物重視」とあるのに、書類選考で落ちるのはどうして?

求人広告に「人物重視」と書いてあったのですが、書類選考で落ちてしまい、面接に進めません。「人物重視」なのになぜ書類選考の段階で落とされるのでしょうか?履歴書の文章で私の人物像が否定されたということなのですか?

(Y・Mさん、ほかからの質問)

「人物重視」=「企業が応募者全員と面接すること」ではありません。

「人物重視」とある求人広告の場合、応募者全員が必ず面接まで選考が進むと捉える人もいるようですが、そうではありません。特に中途者採用においては、応募者個人の性格だけを重視し、業務経験・スキルなどをまったく考慮しないケースは少ないです。企業にとって必要な経験やスキル・資格などがあることを前提とした上で、応募者の性格が業務や社風に合うかなどを判断するという意味ととらえましょう。

書類選考に通過しなかった理由としては、企業が求める経験・スキルなどが足りなかった可能性が考えられます。もし、必要なスキル・経験などが求人広告で提示されていて、条件が満たされていたケースであっても、履歴書の文面上でのアピールが足りず、あなたの人物像がうまく企業に伝わらなかったことが考えられます。実際の人物と、文章から受けるイメージが異なることはしばしばあることです。あなたの人物像が否定されたのではなく、履歴書が企業にとって魅力的ではなかったということです。

また、予想よりも応募者人数が多く、より経験・スキルの高い応募者が選ばれたというケースもあります。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部)