転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/28 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 求人を探し応募する > 新卒入社し、試用期間中に解雇されました。「職歴」欄にはどう書けばよい?

転職Q&A

求人を探し応募する編

一覧に戻る

新卒入社し、試用期間中に解雇されました。「職歴」欄にはどう書けばよい?

この春に大学を卒業して就職したばかりなのですが、試用期間中に解雇されてしまいました。すでに退職の手続きを終え、現在は求職中です。送信レジュメの「職歴」欄には、この会社のことをどのように書けばいいでしょうか。

(E・Nさん、ほかからの質問)

通常の入社・退職歴と同じように書いてください。

「平成○年4月 ***(社名)入社」「平成○年○月 ***(社名)退職」と、通常の入社・退職歴と同じように書いてください。主な職務内容の欄には、新入社員研修の内容や試用期間中に担当した業務の内容などを書き、短いながらも経験したことや学んだことについても書き添えるようにしましょう。履歴書の郵送も求められる場合の、職歴欄の書き方も同様で構いません。

面接で退職理由を質問された場合は、経緯を率直に伝えましょう。解雇の理由について自分なりに思い当たるふしがある場合には、「今回の経験から学んだことを心に留め、転職後は同じことを繰り返さないように頑張っていきたい」などと、謙虚さと前向きな姿勢が伝わる表現を心がけてください。

なお、このところの経済状況を背景に、本人には非がないにもかかわらず、会社側の一方的な都合で解雇するケースも増えています。そういった場合にも、その事情を率直に伝えるようにしてください。ただし、自分に非がないことは主張しすぎないことが賢明です。自分自身にも反省すべき点はなかったかを振り返り、今後の成長の糧にしたいなど、仕事に対して前向きな気持ちを伝えることで、プラスの印象につなげることができます。

この内容は、2016/03/10時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:松尾友子、冨塚祥子)