転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/28 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 求人を探し応募する > 職務経歴書と履歴書の「職歴」欄の違いがわかりません。

転職Q&A

求人を探し応募する編

一覧に戻る

職務経歴書と履歴書の「職歴」欄の違いがわかりません。

現在、転職活動中です。履歴書の「職歴欄」と職務経歴書をどのように書き分ければよいかわからず、いつも結局は両方とも同じ内容になってしまいます。履歴書の「職歴」欄と職務経歴書の違いを教えてください。

(T・Kさん、ほかからの質問)

履歴書の「職歴」欄には概要を、職務経歴書にはより詳しい内容を記述してください。

履歴書の「職歴」欄は、職歴の概要を見るためのものであり、主に以下の情報を記述します。
・勤務先の会社名、部署名、役職
・入退社日

一方で職務経歴書は、実績や経験、スキルを細かく見るためのものであり、履歴書の「職歴」欄と同じ情報に加えて以下のような事柄を記述します。ここで、以下の自分自身の経験や強みをアピールすることが大切です。
・担当した職務の詳細
・仕事上の実績や成果
・その仕事を通じて身につけたスキルや学んだこと など

また、履歴書は記入欄が決められているのに対して、職務経歴書は書式が自由である点も大きな違いです。単に詳しく書くだけでなく、見出しを立てる、わかりやすい個条書きにするなど、まとめ方を工夫することも大切です。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)