転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/28 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 転職の準備をする > 「有限会社」より「株式会社」のほうが安定しているのですか?

転職Q&A

転職の準備をする編

一覧に戻る

「有限会社」より「株式会社」のほうが安定しているのですか?

応募したい会社があるのですが、「有限会社」であることが気になっています。経営の安定を考えると、やはり「有限会社」よりも「株式会社」のほうが安心でしょうか?

(T・Tさん、ほかからの質問

2006年の会社法施行により、有限会社制度が廃止され、現在「有限会社」を名乗る会社と「株式会社」との差は、ほとんどなくなりました。

2006年5月の会社法施行を機に有限会社制度が廃止され、以降は「有限会社」を設立することができなくなりました。つまり、現在「有限会社」を名乗っているのは、会社法施行以前に「有限会社」として設立された会社ということになります。これらの会社は「株式会社」に変更する手続きをしていないだけであり、会社法施行以降は、実質的には「株式会社」と同じとみなされることになっています。

では、会社法の施行によりどのような変化があったのか。「安定性」から連想されやすい「企業規模」の観点から見ると、次の2点の変更がなされています。

●資本金の最低額の撤廃
2006年4月以前は、「株式会社の資本金は1000万円以上」「有限会社は300万円以上」という資本金の最低金額の規定があり、それぞれの企業規模を印象付ける一因となっていました。しかし、会社法によってこの規定が撤廃され、今では株式会社を資本金1円から設立することができます。

●社員数の制限の撤廃
旧有限会社には「社員の総数は50人以内」という制限がありましたが、有限会社制度の廃止にともない、この制限も撤廃されました。

また、そもそも経営の安定は、会社の規模だけで判断することはできません。信頼できる経営理念があるか、商品やサービスに独自性があるかなどを含め、さまざまな観点から経営状況を見極めることが大切です。

この内容は、2016/03/10時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:松尾友子、冨塚祥子)