転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/12/02 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 転職の準備をする > 前職の業種のイメージが、転職に影響することはありますか?

転職Q&A

転職の準備をする編

一覧に戻る

前職の業種のイメージが、転職に影響することはありますか?

今働いている会社の業種は、イメージがあまりよくありません。そのことで次の転職の選考が不利になるのではないか、とても不安です。過去に勤めていた会社の業種イメージが転職に影響することはありますか?

(M・Hさん、ほかからの質問)

業種イメージだけで採否が判断されることはありません。

過去に勤めていた会社が、採用を判断する材料のひとつとして見られることは事実です。会社の規模や業種、職種などの情報から、以下のようなことが推測できるためです。
・どのような経験・スキルを持っているか
・どのような教育研修を受けているか
・どのような仕事選びの価値観を持っているか

ただし、業種のイメージだけで判断されることはありません。以前どんな会社に勤めていたかということだけでなく、あなた自身の考え方や働く姿勢も選考に影響する重要な要素。自己アピールでイメージを変えることも十分可能なのです。むしろ「異業種で培った発想を活かすことができる」と歓迎されることもあるでしょう。

どんな業種であれ、そこで働いたことできっと何かを得ているはずです。そのことに自信を持ち、これまでの経験と応募の熱意をしっかりとアピールしてください。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)