転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/12/02 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 転職の準備をする > 外資系の会社に転職するにあたっての注意点は?

転職Q&A

転職の準備をする編

一覧に戻る

外資系の会社に転職するにあたっての注意点は?

外資系の会社に転職が決まりました。外資系で働くのは初めてなので、日本の企業と何がどう違うのか、不安です。入社するにあたっての注意点や確認すべき点を教えてください。

(N・Nさん、ほかからの質問)

日本の会社と同様、社会保険に加入するということに注意しましょう。

外資系といっても、100%外国資本の会社や日本企業との合弁会社など、形態はさまざま。社内の慣習や社風も会社によって異なり、入社するにあたっての注意点は一概にはいえません。不安なことはその都度、会社の人事部門や上司に問い合わせることをオススメします。

ただし、外資系企業でも、日本国内で雇用されている人は、日本の社会保険に加入しなくてはならない点に注意しましょう。日本の企業と同じように、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災(労働者災害補償)保険の4保険に加入します。

また、雇用契約書が日本語でない場合があることにも注意しましょう。英文の雇用契約書が理解できる程度の英語力は必要だとみなされている場合には、日本語に訳してもらいましょう。対応してもらえない可能性もありますが、まずは会社の人事部門に問い合わせてください。

なお、現在、外資系の会社は、たいへん増えています。ただ、あくまでも日本国内の業務のため、日本の労働条件に準ずることが原則です。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)