転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/09/28 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 転職の準備をする > 休職中に転職活動はしてはいけないのですか?

転職Q&A

転職の準備をする編

一覧に戻る

休職中に転職活動はしてはいけないのですか?

現在、休職しています。この休職期間に転職活動をして、現在の会社を退職しようと思っています。休職期間中に転職活動はしてはいけないのでしょうか?

(M・Yさん、ほかからの質問)

休職中でも可能です。しかし、できれば退職後がオススメです。

休職中の転職活動は、応募先企業に、
・なぜ在籍中の会社に復帰しないのか
・休職している状態なのに、入社後、通常の勤務が可能なのか
という点を疑問視されることが多いため、基本的にはあまりオススメできません。また、休職中という状況に焦り、本来の自分の志向とは異なる業種・職種を選んでしまうなど、企業とのミスマッチが生まれる原因にもなりかねません。休養期間である休職中に活動をすることで、健康状態に支障をきたす可能性もあります。現在の会社を退職してから、転職活動を始めたほうがよいでしょう。

・在籍中の会社の労働環境に問題があるなど、復帰しない理由が客観的に明確であること
・現在は休職中だが、すでに健康状態には問題はなく、入社後も通常の勤務が可能であること
これらに当てはまる場合は、休職中であっても、転職活動で自分に合った転職先が見つかる可能性があります。

なお、休職中に転職活動をする際は、休職中である事実を応募先企業に伝えることが前提です。休職中であることを隠して転職活動をするのは「経歴詐称」と見なされることがあるため、絶対にやめましょう。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部)