転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/12/02 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 転職の準備をする > 退職理由は結婚による転居。転職活動では不利?

転職Q&A

転職の準備をする編

一覧に戻る

退職理由は結婚による転居。転職活動では不利?

私は女性ですが、結婚を機に、引越をして転職活動をしなければならなくなりました。結婚が退職理由の場合、今後出産や子育てなどでも退職するのではないかと企業側に思われて、不利になりますか?

(M・Kさん、ほかからの質問)

仕事への意欲をアピールできれば不利にはなりません。

退職理由が結婚という場合でも、仕事への意欲があることをアピールできれば不利になることはありません。応募書類の段階では、「以前の仕事を続けたかったが、結婚に伴う転居でやむをえず退職をした」という、退職の事情がはっきりと伝わるような書き方をしたほうがよいでしょう。

面接時には、退職理由の説明と併せて、「出産は○年後くらいを計画しているが、退職せず、育児と仕事の両立を望んでいる」というように、転職後の働き方を具体的に伝えましょう。仕事に対する姿勢をアピールできます。

また、産前産後休暇や育児休暇などの制度が使える環境にあるかどうかを質問すれば、家庭と仕事を両立させる社員への配慮がある会社かどうかも見分けることができます。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部)