転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2017/05/26 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 内定・退職の準備をする > 円満退職するための、退職願の書き方

円満退職するための、退職願の書き方

main (1)転職を成功させるためには、希望の企業に受かるだけではなく、きちんとした退職をすることが必須。そこで今回、退職願の書き方から提出するタイミングなど、正しい退職願のマナーについておさらいしよう。

自己都合退職の申し出は、退職願を提出することがマナー

自己都合による退職の申し出を会社に対してする場合、実は退職願のような文書だけでなく、口頭で退職を伝えることも法律上で認められている。しかし基本的には、退職願として文書を提出するのが一般的なマナーとして定着している。基本的には、まず上司に口頭で退職の相談をし、退職日を決めてから、「退職願」を文書で提出するという流れになる。「退職日はこの日と決めました」という証明にもなるため、コピーも取った上で提出するようにしよう。また退職願の書式に関しては、自筆で作成する場合と会社規定の書式で作成する場合の2ケースがある。勤務している企業に規定の書式があるかどうか確認した上で、もしなければ今回ご紹介するような形で作成してみよう。

 

「退職願」の書き方のポイントは以下の通り

main■用紙、筆記具の選び方
基本的には白地の縦書きの便せんに、黒インクの万年筆かサインペンで書く。鉛筆やシャープペンシルなど、消しゴムで消せるような筆記具は使用しないようにしよう。

■封筒
白地の縦長の封筒を使用する。表の中央に「退職願」、裏には部署名と氏名を書く。

■表題の書き方
必ず「退職願」として、1行目のほぼ中央に書く。

■最初の書きだし
本文の書き出しは「私事」あるいは「私儀」。表題から1行あけた次の行の一番下に書く。

■退職理由
「一身上の都合により」とだけ記入するのが一般的。具体的な理由に関して退職願で書く必要はない。

■退職日
上司と相談した上で、決めた日付を記入する。

■届け出年月日
退職願を書いている日ではなく、退職願を提出する日を書く。

■署名・押印
所属部署と名前を書き、その下に押印。

■あて名
あて名は社長名。自分の名前の位置は、社長の名前より下に書く。

 

記事作成日:2011年5月18日 EDIT&WRITING:山田モーキン