転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2017/06/28 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 面接対策をする > 転職理由の答え方

転職理由の答え方

面接で必ず聞かれる質問のひとつが、「転職理由」です。

転職理由は、必ずしも事実やホンネだけを伝えればいいというわけではありません。そのためか、一貫性があり企業が納得するような転職理由を考えるのに苦労している方も多いようです。そこで今回は、転職理由の考え方と、回答例をご紹介いたします。

企業が転職理由を聞くワケとは

そもそも、企業が転職理由を聞くのはなぜでしょうか?

それは、企業がせっかく採用した大切な人材が入社後すぐに辞めてしまわないように、転職理由を通じて「応募者が入社後に同じ理由で転職してしまわないか」を判断しているのです。例えば「上司と合わない」という理由だとしたら、入社後の職場の上司と相性が悪くなる可能性もありますし、良かったとしてもいずれ異動などで合わない人と仕事をする機会が発生するかもしれません。転職だけで解決しない理由では、企業を納得させられないのです。

また、転職理由によって仕事に対する姿勢も判断しています。実績もなく「評価が低かった」という理由だけでは、単純に「会社が不満で転職を考えた」と判断されてしまいます。不満があった場合に、解消や改善を試みたかどうか、転職のきっかけとなった理由を通じて、応募企業で実現したい目的は何かを伝えなければなりません。

転職理由の考え方

では、具体的な転職理由の考え方をご紹介します。転職のきっかけはネガティブな理由であっても構いません。「残業が多い」「ノルマがつらい」など、あなたが転職を考えた理由を挙げてみましょう。

具体的な理由を挙げたら、その理由に隠された前向きな仕事の思いに言い換えてみます。「残業が多い→効率的に仕事をしたい」「ノルマがつらい→顧客とじっくり向き合いたい」など、転職を考えたきっかけの裏側にある、あなたの思いを導き出してみましょう。

あなたの仕事への思いが導き出されたら、その思いが応募先の企業でどのように実現できるのかを考えます。「きっかけ」から生まれた仕事の思いとともに、「先進的な効率化の取り組みをしている部門で仕組みづくりに関わりたい」「長期的な取引をする商材を扱っている事業部で顧客の信頼を得たい」など、「応募先の企業で実現したい目的」を伝えることで、企業に伝わるあなたの「転職理由」になるのです。

転職理由の回答例

年功序列の風土があり、先輩から決められた商品を案内することが求められていました。顧客との接点を強めて売り上げに貢献したく、企画提案や新規開拓をしたいと伝えたのですが、そのチャンスを与えてもらえませんでした。提案力を高めて、売り上げに貢献できる営業として活躍したいと考え、幅広い商品が揃っていて、若手でも参加できるチャレンジ制度をお持ちの御社に応募しました。

 

顧客の要望をくみ取り、より良い製品開発に携わりたかったのですが、扱っていない領域は外注することが多く、意見が反映されにくい環境でした。また、顧客への営業同行も慣例上行っておらず、進言してもなかなか実現しませんでした。もっと幅広い知識を身につけ、顧客により満足してもらえるサービスを提供したいと考え、事業分野が幅広い御社への転職を希望しました。

 

「転職理由」を応募書類にも書く場合は、150~200文字程度でまとめると読みやすくなります。「転職理由」に、あなたの「応募先企業で働きたい」という意欲を込めてみてください。

記事作成日:2017年1月29日