読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年収250万円未満で働く30代エンジニアの胸の内

お金・給与 給与・ボーナス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「年収にはこだわってない」「今すぐ転職する以外考えられない」

これまでTech総研では、アンケート調査を元に職種別、地域別、年齢別などさまざまな観点で、給与データをご紹介してきた。しかしデータの裏側に隠された、平均よりも低い年収帯のエンジニアの仕事観はどのようなものなのだろうか? 157人の調査から意外な胸の内が明らかになった。

(取材・文/総研スタッフ タニー只野 イラスト/ヒロ・コジマ)作成日:07.01.24

 

はじめに 年収250万円未満で働くエンジニアの実態 データ編

 今回Tech総研では、「年収250万円未満で働く30代エンジニア」を対象として、157人にアンケート調査を行い、年収や転職に対する気持ちなど、その胸の内を聞いてみた。それではさっそくデータをご紹介していこう。

 今回の調査はアンケート対象者が事前に申告している年収を元に、「年収250万円未満」という基準で調査を行った。しかし申告時との年収変化により、一部、250万円未満ではない回答も含まれていることをご了承いただきたい。また、属性として全体のうち男性63%、女性37%と、通常のTech総研のアンケートデータよりも女性の割合が多い。さらに雇用形態も、パートタイマーやアルバイトは対象外にしているものの、社員でも短時間での勤務など、さまざまな働き方をしている人が対象のデータとなっている。

 まず、年収に対する率直な気持ちについて聞いてみたところ、「自分の時間があるから満足」という回答が22%でトップを占めた。次に「もっと昇給や残業代が欲しい」という回答が17%、「今すぐにでも転職したい」が15%、「スキルを磨くため今は仕方ない」が14%という結果になった。さらに検証すると、「異動か業務改善を希望(10%)」「正社員への登用待ち(4%)」に「もっと昇給や残業代が欲しい(17%)」を合わせると、約3割のエンジニアは自分が動くのではなく、企業側がなんらかの改善をしてくれることに期待していることがわかる。では、まったく違う上位4タイプの仕事観と実情、将来の希望はどのようなものなのだろうか。次の項でタイプ別に詳しく紹介していきたい。

 

年収250万円未満で働くエンジニアの実態 (フリーコメント編)

現状維持派 「自分の時間があるからこれで満足」

回答で一番多かった「自分の時間があるから満足」というエンジニアたち。タイプは大きく分けて二つあり、主婦などで短い時間で働いているパターンと、残業がなく拘束時間が短いことを魅力と感じているパターンだ。それでは紹介していこう。

もともと年収にはこだわっていない。残業もなく、一日6時間と短時間勤務なので満足。

● 年収200万円 32歳 男性 東京都 未婚
● 仕事内容:システム開発
● 雇用形態:正社員、短時間の本社勤務

以前担当した仕事で発生する不具合を突発的に対応しているので、現在は特に用件がなく待機中。不具合とされた事項を適切に対応できたときは満足感があるし、年収にもこだわりがないので転職はまったく考えていない。

今後の目標
当面はプログラマとして、未経験の言語にも対応できるようにスキルを積みたい。

 

住宅の補助があるし、スキルアップもできているので今のところは満足している。

● 年収240万円(うち残業代30万円) 38歳 男性 東京都 未婚
● 仕事内容:Web系システム開発とサーバ管理
● 雇用形態:正社員、本社勤務

小さい会社なので専門以外にもいろいろやらなければならず、忙しい半面新しい事を覚えられるのはいいことだと思う。スキルの幅を広げるにはいい環境。給料は低いけど残業時間は比較的少ないし、住居などの補助があるので今のところはこれで良いと思う。

今後の目標
今はいろいろなことにチャレンジして、最終的に5年以内くらいには独立したいと考えている。

 

給料は低いが、残業がなくほとんど定時に帰宅できるので問題ない。

● 年収240万円(うち残業代10万円) 35歳 男性 長崎県 未婚
● 仕事内容:ネットワークシステムの調整・保守
● 雇用形態:正社員、出向先で常駐勤務

ネットワークのスキル向上ができるし、定時に帰れて自分の時間があるから満足。また、仕事場も物価が安い地域なので妥当と思っている。

今後の目標 まだネットワークシステムの知識が浅いので、経験を積み、いつかチャンスがあれば転職してスキル向上させたい。

現状不満派 「もうちょっと給料が欲しい!」

回答の多くは、基本給の低さよりも「残業代が出ない」というものだった。「無駄に残業しているわけでなく、きちんと働いているのだからその分の給料は出してほしい」というのは至極もっともな意見だ。

無理な残業を減らすために残業代を高くするなど、やった分だけ金額に反映してほしい。

● 年収250万円(うち残業代70万円) 34歳 男性 大阪府 既婚
● 仕事内容:音楽再生ソフトの商品テストと修正
● 雇用形態:社員だが出向先で常駐勤務

出向しているため、自社の上司に仕事の評価がなかなか正当にしてもらえず、5年間、開発・検証リーダーを担当しているが、会社も不景気のため給料に反映されない。深夜や休日も残業しないといけないような、無理な開発計画を立てないでほしい。

今後の目標
リリースできたときは満足感が得られるが、このまま給料が上がらなければほかの仕事に転職するしかないと思っている。

 

働く期間が長くなるほど、当然のように、どんどん業務の量も質も上がるが、時給アップは見込めない。

● 年収240万円 30歳 女性 京都府 既婚
● 仕事内容:センサーの研究開発と製造の仕組み作り。
● 雇用形態:派遣社員

自分の生活スタイルにあった(残業のない)形態で働けているので、仕方なく働いているが、時給を上げてもらいたい。自分がしている仕事に対して、現在の給料が妥当な報酬だとは思えない。

今後の目標
研究員としての仕事に就いて、自分が興味を持てるひとつの分野の研究開発に没頭したい。

残業や休日出社など、拘束時間が長いのに給料は一緒。このままじゃ結婚も難しい。

● 年収192万円(残業、休日出勤などすべて無償)32歳 男性 大阪府 独身
● 仕事内容:ネットワーク設計および構築、保守管理
● 雇用形態:1年更新の契約社員

給料が低すぎて結婚できない……。また、残業などの時間が業務に含まれないため、仕事内容に対して単価?給料?が低い。拘束時間が長すぎるのに、単純に給料が少なすぎる。仕事内容に不満はあまりないが、給料を上げてほしい。

今後の目標
今すぐ転職するつもりはないが、業種にこだわらないのでせめて結婚できるぐらいの金額がもらえる仕事がしたい。

今すぐ転職派 「こんな会社やってられるか!」

「どうせ転職するならまったく新しい環境で」と考えるエンジニアが多いのか、「現 在のスキルを生かして転職」というコメントよりも「まったく違う業界に行きたい」「違う職種に就きたい」というコメントが目立った。

出勤可能日数に制約があり残業も認められないので、まったく稼ぐことができない。

● 年収180万円(残業不可) 36歳  男性 大阪府 未婚
● 仕事内容:ユーザーサポート ヘルプデスク
● 雇用形態:3カ月更新の派遣社員

組織内に不備が多く見られ、すべて派遣社員など現場の人間が補わなければならずストレスがたまる一方。システムを勝手に次々と変更していくので、慣れたころには違う仕事内容になってしまい対応しきれない。

今後の目標
今すぐ転職すること以外、現状では明確なビジョンが考えられない。

 

金銭や休暇の相談をしたいのに、上司との面談もなく、給料は増えないが仕事が増えている。

● 年収200万円(うち残業代15万円) 30歳 女性 京都府 未婚
● 仕事内容:テクニカルサポート
● 雇用形態:正社員、出向先で常駐勤務

勤務先の担当者が変わったため、なぜか自分がその人に教えないといけないので勤務時間が長くなった。また、セキュリティ問題が重視されるようになったため、その関係の仕事が増えたのに、給料はまったく変わらない。

今後の目標
人にお礼を言われた瞬間は、この仕事をやっていてよかったと思うが、もう全然違う業界に転職したい。

 

ここ10年で昇給がなく、またボーナスもカットされることが多く、決断の時期にきている。

●年収200万円 34歳 男性 宮崎県 未婚
●仕事内容:サービスエンジニア (OA機器の修理)
●雇用形態:正社員、本社営業部に勤務

売り上げは他部門と比較して負けてない(むしろ勝っている)が、本社の中で今の部門が重要視されておらず、同列かそれ以下でしか見られていないため、給料が低いままである。正直、今の経営者が変わらない限り状況は変わらないし、年齢的にもギリギリなので、業務状況なども考えて早めに決断したい。

今後の目標
最新機種のメンテナンスの技術もそれなりには会得しているが、さらに新しい技術を学び、どこに行っても第一線でやれるようにしたい。

スキルアップ派 「スキルを磨いている間は仕方ない」

この回答をしたエンジニアの多くは派遣や契約社員で働く傾向にあった。「スキルが身につく一定の期間中は、忙しくて給料が低くても仕方ない」と割り切って雇用形態にこだわらず働いている。「転職は1年以上先を検討」している人が多く、しっかりとスキルを磨こうとしているようだ。

仕事の内容としての不満はまったくない。時間外勤務は能力がつけば減るものだと思っている。

●年収240万円(固定残業代36万円含む) 30歳 男性 宮崎県 既婚
● 仕事内容:ハードウェア機器やソフトウェア開発会社のインストラクター
● 雇用形態:正社員、本社勤務

職務としてはインストラクターとしての位置づけだが、営業活動も同時に行い、個人的に計上する粗利としては年間1500万円程度。時間外労働などはあって当たり前状態であり、15時間勤務の日も少なくありませんが、働くことに対しての不満はありません。

今後の目標
現在はインストラクターだが、パッケージ開発のプロジェクト管理のスキルをもっと磨きたい。

 

時給が安いとは思うが、あと2~3年は光学のキャリアを積んで、機械設計の道に進みたい。

● 年収240万円(うち残業代50万円) 30歳 男性 栃木県 未婚
● 仕事内容:光学製品用検査・測定装置の設計・組み立て・調整・メンテナンス
● 雇用形態:1年契約の派遣社員

自分が担当する装置は簡易的なものに限られるが、それでも一から設計し、完成まで一通り面倒を見るのはなかなかやりがいがある。ほうぼうから声のかかる仕事のため、あちらこちら飛び回るので結構ハードだが、それに比して時給が低めだとは思っている。

今後の目標
もともと光学系志望ではないので、あと2~3年キャリアを積んだ後、機械設計の道へと進みたいと思っている。

 

まだ慣れていないので仕方ないと思う半面、やっぱり給料はもう少し多く欲しいという気持ちもある。

● 年収250万円 34歳 女性 京都府 未婚
● 仕事内容:生産管理を主としたシステムの開発設計
● 雇用形態:正社員、出向先で常駐勤務

勤務時間が長く休日も休めないときが多いが、転職をしたばかりなので今はしょうがないかなと思っている。でも休日はきっちり休みたい……。現在の仕事は、モノを作っていくということに対して自分がかかわったという満足感が得られるので、今後も続けていきたい。

今後の目標
SEとして大きく成長したい。

 

最後に 現在の自分の置かれている環境を見極めよう

 アンケートでは、転職についての率直な気持ちとともに、実際に転職活動をしているかどうかも聞いている。冒頭でご紹介した、「年収に対しての気持ち」との関連性を検証しながらご紹介していこう。

 回答結果はグラフのとおり。転職する意思がある人は全体の約7割もいることになる。しかしその中には、転職する意思はあるが実際に転職活動を行っていない人も少なくない。詳しく見てみると、「現在転職活動は行っていない」が、「今すぐに転職する意思がある」「半年から1年後ぐらいに転職する意思がある」人がおよそ4人に1人という計算になる。そしてこの回答をした人の多くは、年収に対する率直な気持ちについて「もっと昇給や残業代が欲しい」「異動か業務改善を希望」と答えている。これは現在の状況に不満を持ちつつもまずは改善を希望し、もし改善が見込めないなら転職を視野に入れているということが推測できる。現状を改善してもらうほうが早いのか、転職したほうが早いのか……。フリーコメントにもあるように、苦悩するエンジニアの姿が目に見えるようだ。

 また、「1年以上経ってから転職する意思がある」と回答した人は、「スキルを磨くため今は仕方ない」という回答が目立った。フリーアンサーを見ても、「得意分野であるデータベースについてのより深い知識を身につけたうえで、3~4年以内にシステム発注側にあたる立場の社内システム部門に転職したい。(31歳 女性 北海道)」、「回路設計、高周波回路設計に関しての経験をもう二・三年積みたいと考えている(27歳 女性 宮城県)」など、中長期的な勉強期間を経て転職を検討していることが分かる。転職は一生のうちでも重要な転機。現状をよく見極めて、一日でも早く自分が幸せだと思える環境をぜひ手に入れてほしい。