• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
体験入社に給与シミュレーション、退職者の本音が聞けるetc. エンジニア切望! 理想の完全転職成功サービス30
エンジニアにとって理想の転職サービスとは何か? 今回、転職経験のあるエンジニア300人にアンケート調査を実施した。その回答からは、今のエンジニアが求める、現実的に役立つアイデアの数々が……。
(総研スタッフ/山田モーキン イラスト/まきお)作成日:09.03.25
その1 今、エンジニアが切望する転職サービスを大公開!
 今回、アンケートの対象とした「転職サービス」に関して、『リクナビNEXT』などWeb上で展開している転職サービスをメインに、転職経験のあるエンジニアに質問してみた。
その回答結果の中から、多くのエンジニアが望む30の転職サービスを紹介しよう。
CASE-1 自分の目で確かめなければ理想の企業にたどり着けない!? 体験入社コース
・一日平社員と一日部長をバーチャル体験……出世した後の、その企業の扱いもわかる(36歳・保守運用)

・現在の職場に在籍しながらの、数年にわたる(研修ではない)職場体験システム……働いてみなければ、自分に合っているかわからない(43歳・システム開発Webオープン系)

・就職先が気に入らなかった場合、第二、第三の転職先がすぐに見つかる機能……転職活動を何度もするリスクをなくしたい(34歳・社内情報システム)

CHECK!
現在の転職サービスに対する不満足な点にも挙げられた、「掲載内容と入社後の業務内容や環境の違い」を解消するための、最も効果的な手段といえよう。実際の受け入れ態勢の整備やその後のフォローなど課題も多いが、もし、実現されれば「転職のミスマッチ」を効果的に防げるのではないだろうか。
CASE-2 体験入社が無理なら……各種シミュレーション機能
・今まで企業に転職した人の各種データを基にシミュレーションができる……その企業に転職した人がどんな活躍をしているか知ることで、自分がその企業に入ったらと考えることができる(34歳・運用保守)

・生かせる分野(OSや使用アプリなど、自分が得意としているもの)で活躍できるかどうかの判断材料を提示する機能……自分にとっての「売り」がアピールできる会社に就職するほうが、待遇面などから考えてもよい(40歳・コンサルタント)

・自分の希望条件を入力することによって給与シミュレーションできるサービス……いざ勤務してみたら、残業代が支給されなかったり、基本給が思ったより安かったため(33歳・システム開発Webオープン系)

CHECK!
体験入社するほどのパワーをかけることが転職活動上、現実ではない場合、事前にシミュレーションができれば、企業先での“リアル”なワークスタイルをイメージできる。特にその中でも回答が多かったのは「給与シミュレーション機能」。採用面接での給与面に関する具体的な交渉は、多くのエンジニアにとって“苦手”としている一方、企業選びに際して待遇面を重要視しているエンジニアもまた多いこともあり、双方の問題点を解消するベストな機能のひとつといえるかもしれない。
CASE-3 まずは気軽に企業と話を……チャット・TV電話・etc.
・企業の採用担当者とskypeのようなTV電話ができる機能……リアルタイムの質問回答がしたい。ただし電話だと=ただ電話だけだと?その人の風貌がわからず、不安になるから(38歳・パッケージソフト開発)

・会って話しているかのように、不明点をすぐに解決できる機能。チャットのような……掲載情報だけではいいことしか書いていないとも受け取れるので、さまざまな角度からの情報がほしい(35歳・システム開発Webオープン系)

・社長や経営層に直接、質問をぶつけることができるサービス……特に規模の小さい会社は、社長や経営層のキャラクターを事前に把握しておくことが非常に重要だから(42歳・システム開発Webオープン系)

CHECK!
Webサービスだからこそ、双方向性のコミュニケーションを図れる機能を求める意見も多く挙げられた。特にTV電話機能のように、相手の顔や表情を直接、見ながら話せることで、確認しにくい細かな採用条件のすり合わせをミスなくできること。それによる転職のトラブルを未然に防ぐ意識が、転職経験のあるエンジニアには非常に高いことがわかる。
CASE-4 もうひとつの貴重な情報源 クチコミ・評判etc.
・これで私は退職した!コーナー……離職するにはそれなりの理由がある。その理由を知ることで「入ってみたらやりたいことと違った」ということが低減されると思う(32歳・システム開発Webオープン系)

・転職先で実際に転職された人の意見を、会社側からの発信ではなく、紹介会社の顧客評価としての意見を見られる機能……実体験に勝るものはない(44歳・システム開発Webオープン系)

・実際働いている人の勤務内容や給与の匿名公開……自分と似た環境での給与計算ができる(35歳・品質管理)

CHECK!
企業から発信されている情報だけでは、その企業の「真の姿」を理解することは難しいと考えているエンジニアは多い。そこで実際に、その企業に勤務している、もしくは退職したエンジニアの生の声をより多く聞き出すことで、多角的に企業の実態を理解し、自分の志向性や希望条件とじっくり比較検討しようとする意識が高まるのではないだろうか。
CASE-5 ○○限定!転職情報サービス
・子育てに特化した社内の仕組みを紹介してくれる。保育所つき職場など……転職する場合、仕事をしながら子育てする道しか選べないので(33歳・コンサルタント)

・在宅勤務限定エンジニア向け……この条件の求人がなかなか見つからないから(40歳・パッケージソフト開発)

・自分の職種限定の転職サービス……ニッチな職種であるため、現在の転職サービスでは探しにくい(36歳・運用保守)

CHECK!
仕事の内容だけでなく、福利厚生や職場環境など、細かな部分まで妥協せずに理想の職場を探し求めるエンジニアにとって、より細分化された限定求人情報を求める声は多い。中でもSOHOや在宅勤務を求めるSEやプログラマが今回の調査では、最も多かった。
まだまだある! エンジニアが求めるこんな転職サービスは、アリ!?
まだまだある! エンジニアが求めるこんな転職サービスは、アリ!?
まだまだある! エンジニアが求めるこんな転職サービスは、アリ!?
まだまだある! エンジニアが求めるこんな転職サービスは、アリ!?
その2 今どきの転職サービスに対する、エンジニアの満足&不満足ポイント
ひととおり、エンジニアが求める理想の転職サービスを紹介してきたが、果たして現在の転職サービスに対する評価は、どうなのだろうか?
まず過去の転職経験において「理想の企業に転職できた」と回答したエンジニアは、「ある程度、満足できる企業に転職できた」も含めおよそ7割弱。
そこで、そうした経験をもつエンジニアから見て、現在の転職サービスに対する「満足している点」「不満足な点」それぞれの代表的な意見を、列挙してみた。
■理想の企業に就職できた?
現在の転職サービスに対する満足&不満足ポイント
満足
不満足
ご覧のとおり、満足している点としては掲載企業数や情報量の多さであったり、また転職サイトの主力サービスである「スカウト機能」を評価しているエンジニアが多い。
スカウト機能とは、あらかじめ匿名で自分のレジュメをWeb上に登録しておくことで、そのレジュメを見て興味をもった企業からオファーが直接届くサービス。ちなみに『リクナビNEXT』では現在、約125万人が登録していて、1カ月で約32万通のスカウトメールが企業から発信されている(2009年1月7日現在)。
一方、不満足な点としては膨大な情報量の中から、自分が望む企業や情報を探し出す検索機能の精度が不十分である点を挙げた回答が多数を占めた。また入社してから、募集内容と実際の業務内容や環境などで、大小の食い違いが発生している点も挙げられた。
おわりに
今回の調査では、事前に「非現実的な内容でも構わないので今、あなたが望む転職サービスを教えてください」と告知したにもかかわらず、結果を見ると現実的にあっても不思議ではないサービスが、多数を占めた。そこには転職に対して、「できる限り負担の掛からない手段で、できる限り理想の企業を見つけたい」と切に願うエンジニアの心情が如実に表れているのではないだろうか。
こうしたエンジニアの声を少しでも多く実現できるように、Tech総研では今後も尽力していきたい。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
山田モーキン(総研スタッフ)からのメッセージ 山田モーキン(総研スタッフ)からのメッセージ
数年前、私も転職活動で感じていた「こんなサービスあったらいいのに」という機能やサービス、実は少しずつ、現実に取り入れられているものもあるんです。もし興味があればぜひ、転職サイトを一度、のぞいてみてはいかがでしょう。

このレポートを読んだあなたにオススメします

給与が上がらない、スキルを伸ばせない、理不尽な仕事……

会社を辞めたい!エンジニアが本気で転職を考えた瞬間

人には誰でも、「会社を辞めたい!」と本気で思う瞬間がある。仕事が辛い、給与が下がった、残業が多い、上司と不仲……理由は…

会社を辞めたい!エンジニアが本気で転職を考えた瞬間

エンジニア給与知っ得WAVE!

エンジニアの転職後年収は平均3%増、半数以上が満足

エンジニア給与知っ得WAVE!東日本大震災の影響を脱しつつある日本の産業界。中途採用も大きく動き出している。転職活動を行うエンジニアの関心のコアにあるのは、や…

エンジニアの転職後年収は平均3%増、半数以上が満足

エンジニア給与知っ得WAVE!

異業界・競合転職も不可避か?エンジニアの業種別年収

エンジニア給与知っ得WAVE!日本経済は景気回復に向かっているが、その足取りは業種や企業によって濃淡がある。昨年は世界不況の影響で手取り年収が減った人も多いが…

異業界・競合転職も不可避か?エンジニアの業種別年収

逆境転職に成功したエンジニア奮闘記

46歳サポートエンジニア一度の面接で内定獲得までの道

逆境転職に成功したエンジニア奮闘記不況下転職に成功したエンジニアたちを紹介していく連載企画。今回は46歳にして初めて、転職を決意したサポートエンジニアが半年の活動…

46歳サポートエンジニア一度の面接で内定獲得までの道

エンジニア給与知っ得WAVE!

20年前の水準?記録的なマイナス幅の2009年冬ボーナス

エンジニア給与知っ得WAVE!日本経済は不況の影響から脱することができないまま、厳しい冬を迎えようとしている。2009年冬のボーナスについて調査を行ったところ…

20年前の水準?記録的なマイナス幅の2009年冬ボーナス

IT業界、生保業界…7人の人事に聞いたウラ事情

人事担当者が告白!転職者の給与はこうして決まる

「前給考慮」「経験能力に応じて優遇」などは募集条件でよく見る言葉。でも前給や経験能力を、具体的にどう考慮して給与を決め…

人事担当者が告白!転職者の給与はこうして決まる

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP