• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
SE、プログラマの価値を高める注目のキラースキル 目指せecoエンジニア!グリーンITで地球を救え
目指せecoエンジニア!グリーンITで地球を救え
IT業界で今、もっとも旬な言葉「グリーンIT」。別にITで緑を育てよう、というわけじゃない。京都議定書で定められたCO2削減量を実現するためにはIT機器のCO2排出量の削減だけでなく、ITでCO2削減する方策が求められていく。グリーンITにかかわる知識は、ITエンジニアに何をもたらすのか、取材をもとに探っていく。
(総研スタッフ/関洋子) 作成日:08.08.19
グリーンITには2つのアプローチがある
 今や、環境に関するニュースが流れない日はない。私たちの環境に対する意識も高まっている。そんな中、IT業界では昨年ごろから注目を集めているキーワードがある。「グリーンIT」──。グリーンITというと、データセンターのCO2削減や電力量削減が話題になるが、実は省電力化や資源のリサイクルなど、地球環境に配慮したIT製品の提供およびITシステムの活用に関する概念である。

 IT調査会社のアイ・ティ・アール(ITR)のシニア・アナリスト生熊清司氏によると、「日本のユーザー企業においても、ようやく昨年の年末ぐらいからグリーンITへの関心が高まってきた」と語る。その背景にあるのは、CSR(企業の社会的責任)が問われる時代になってきたこと。「グリーンITに取り組むことはCSRの活動の一貫。そのような取り組みをすることで、顧客満足度(CS)の向上が期待できるからです」(生熊氏)
生熊清司氏 アイ・ティ・アール 
シニア・アナリスト
生熊清司氏
外資系ミニコンベンダーでSEを経験した後、コグノスの日本法人の立ち上げに参加。94年に日本オラクルに転職し、プロダクト・マーケティングを担当。2006年にアイ・ティ・アールに転職。現在に至る。
 しかもグリーンITへの取り組みは、コスト削減にも直結する。企業にとっては、コストを削減しながら、CS向上にもなるキーワードとして期待されているグリーンITだが、企業情報システムを開発している一SEやプログラマにとっては、「自分にはあまり関係ないこと」と思うかもしれない。だが、そうではない。先述したように、グリーンITにはIT製品そのものの省電力化や廃熱量の低減を図るアプローチだけではない。

「例えばITで流通や物流を変革したり、テレビ会議システムやWebミーティングを導入したりするなど、ITを活用して業務の効率化を図り、ムダなエネルギー資源を削減するアプローチもある。このアプローチを実現するためには、SEやプログラマの力が不可欠だからです」(生熊氏)

 では実際にグリーンIT領域でITエンジニアにどのような活躍の場があるのか、アクセンチュアでの例を見ていきたい。
Case:アクセンチュア
グリーンITに関する知識の習得はステップアップのチャンス
●環境は新しい価値基準
「これまでの企業のITは、コスト削減や売り上げ向上、コンプライアンス、ガバナンス、リスク管理という価値を出すために導入されてきました。これからはそれらに『環境』という新しい価値基準が加わります」

 こう語るのはアクセンチュアでグリーンITに関するコンサルティングサービスに携わっている森泰成氏だ。
「最近、ユーザー企業も自社ITのグリーン化を経営課題として考えるようになってきました。しかし、どの企業も今は何をやっていいのかわからないという状態。そこで私たちは、何を狙ってどのような施策を打っていくか、グリーンIT構想の策定支援を行っているのです」

 新しいIT導入の価値、グリーンIT。グリーンITで難しいのは、「システムを成長させながらエネルギー消費を考慮した提案をしていかなければならないこと」と森氏は語る。例えばユーザー企業にとってIT機器によるCO2排出量は、生産や運輸設備などと比較すると圧倒的に少なく、成長と引き換えにするほどではないと考えられるからだ。「企業に利益をもたらし、かつCO2も削減するという課題が両立する施策を提案し、最終的にはCSRの向上につなげていく。これが私たちの仕事なのです」(森氏)
森泰成氏 システムインテグレーション
&テクノロジ本部
インフラストラクチャ 
コンサルティング 
グループ統括
パートナー
森泰成氏
前職は大手電機メーカーのパケット交換機の開発エンジニア。1990年アクセンチュア入社。テクノロジのコンサルタントとしてキャリアを積み、現在はデータセンタテクノロジ&オペレーションズ、セキュリティ、ネットワークという分野を中心にコンサルティング活動を行っている。
●どういうテクノロジが省電力化に貢献するか
 森氏はITが環境に貢献できる領域を図のように提示する。「例えばデータセンターの省電力化に対しては、サーバ統合という手がある。100台あったサーバを30台にすることができれば、CO2削減につながるだけではなく、運用管理の手間も省けます。またオフィス環境の省電力化に対しては、シンクライアントの導入およびプリンターやファクス、スキャナなどを複合機に置き換える、という方法などがある。どういうテクノロジを活用すれば、省電力化できるか、常に論理的に考え、提案できる能力が必要です」(森氏)

 これらはITそのものの省電力化というアプローチだけではない。ITによって省電力化や有害物質低減などの機会をつくり出していくアプローチもある。「例えば請求書をWeb化し、紙を削減するような取り組みもそのひとつ。環境への配慮だけではなく、請求書を発送するという業務の効率化も実現できます。このようにグリーン化への取り組みはいろいろある。それらを個別に見るのではなく、全体を俯瞰できることが重要です」(森氏)
●経験者が少ない今がチャンス
 アクセンチュアでは、グリーンITの推進計画を策定するための方法論「グリーン・マチュリティ・モデル(GMM)」を用意。その診断結果に基づいた施策サービスを提供している。「現在、週に2件から3件の依頼があります。今後もグリーンIT関連市場はますます成長していくと期待されています。グリーンITに携わることは、ITで地球貢献するという社会貢献意欲が満たされるだけではなく、それを専門スキルとすることで、エンジニアとしてもステップアップが図れる可能性があります。今はまだ経験にモノを言わせる領域じゃない。狙い目の領域でしょう」と森氏。

 では、どんなITエンジニアなら、この領域で活躍できるのか。「仮想化などグリーン化につながる個別技術の知識があるに越したことはないが、重要なのはいろいろな切り口を提示できる能力。もちろんロジカルシンキング能力、コミュニケーション能力は必須です」と森氏。
「グリーンITはこれからが本番。ガイドラインをつくるような仕事にも携われる、チャンスもある。そんな面白みも味わえる領域なんです」
図2.アクセンチュアにおけるグリーンITソリューションサービスの提供エリア
“eco”なエンジニアが高値を呼ぶ
 アクセンチュアの森氏の話からもわかるように、立ち上がったばかりの領域であるグリーンITは、環境への関心が高まる今、新しい価値基準として定着することは間違いなさそうだ。もちろん、すべてのSE、プログラマにグリーンITに関する知識が求められるわけではない。また、現在のグリーンITは、サーバやストレージなどのIT機器やデータセンターの省電力化が中心となっている。しかし前出のITRの生熊氏は次のように警鐘する。

「グリーンITは単なるIT機器の省電力化にとどまるものではなく、システム全体で実現するべきものと考えるべきです。つまり、グリーンITを実現するシステムとは、効率がよく、柔軟性の高いシステムのことでもあるのです。よってこれからのITエンジニアは、標準的な部品を使い、再利用できるようなシステムをつくるなど、常にムダのないシステム構築を心がける必要があります」

 そのためのいい手本が日本にはある、と生熊氏。「家電や自動車の生産工程はムリ、ムダがなく、世界の中でも最も効率化、および標準化が進んでいるシステム。それを業務システムにも展開できれば、ムリ、ムダが省けるだけではなく、ビジネス環境の変化にも追随できる柔軟なシステムが構築できるはず。これがグリーンにつながる。これからはより効率的で柔軟なシステムのアーキテクチャを考え、提案できる人が、高値を呼ぶのではないでしょうか」(生熊氏)
スキルアップはグリーンITへの第一歩 オブジェクト倶楽部
 オブジェクト指向技術に関する情報交換の場、オブジェクト倶楽部。オブジェクト指向技術に関連するアジャイル開発プロセスやJUDE、エクストリームプログラミングなどに関するコミュニティを展開している。

 7月1日に開催したイベントでは、「オブジェクト倶楽部のイベントに参加するとエコに貢献できるかもしれないって本当かな……」というキャッチコピーが付けられていた。「北海道洞爺湖サミットも開催されるので、タイムリーなテーマだと思ったから」と今回のキャッチをつけた岸田氏は笑って答える。

 しかしその笑顔のウラには、大きな目的が隠されていた。「最近は技術というよりもむしろ“つくる人”に焦点を当てたセッションの充実を図っている」と天野事務局長が語るように、モチベーションやチームワークの向上を図ることで、仕事を効率化し、『キツい』『厳しい』『帰れない』という3K職場を技術者自らの手で変えていってもらいたいという思いがあるからだ。つまり仕事のムリ、ムダを省くための情報伝播である。これもひとつのエコへの取り組みである。
オブジェクト倶楽部・運営メンバー
オブジェクト倶楽部・運営メンバー
向かって左から
平鍋健児氏、懸田剛氏(前列)
天野勝氏、岸田健一郎氏(後列)
 オブジェクト倶楽部の運営母体のひとつ、永和システムマネジメント・取締役副社長の平鍋氏も「顧客に頼まれて作った機能のうち、65%は使われないものだったりします。これを解消するのは、コミュニケーション力。顧客との折衝力を身につけ、ムダのないものをつくることでエコになります」。懸田氏も続けて「ソフトウェアをつくるのにも電気が必要。ムダなものをつくらなければ、省電力にもつながる」と言う。

 「オブジェクト倶楽部の活動の根底にあるのは、ワークスタイルの改善。3K職場を、『楽しい』『高い給料』『定時に帰れる』という3T職場に変えていくための知識習得の場。参加者はここで得た知識を企業に持ち帰り、広めていく。そして業界のグリーン化推進につながればと思っているんです」(平鍋氏) 仕事のやり方をグリーン化する手法を習得することも、これからのITエンジニアにとって重要な要素になりそうだ。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

このレポートに関連する企業情報です

アクセンチュアは、コンサルティング、デジタルサービス、テクノロジーサービス、アウトソーシングサービスを一貫して提供することのできる、社員数33万6000人超の総合コンサルティング企業です。世界屈指のビジネスブランドとして56カ国200都市に展開しており、120カ国以上の大手企業・官公庁にサービスを提供…続きを見る

あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
関洋子(総研スタッフ)からのメッセージ 関洋子(総研スタッフ)からのメッセージ
最近、話題のキーワード「グリーンIT」。概念としてあまりにも幅広いため、ぴんとこない読者も多いのでは、という単純な発想から思いついたのが今回の企画です。環境への関心がさらに高まっていくこれからは、既出の技術でグリーン化という新しい価値を企業に提案できるかどうかが、ITエンジニアの価値を決める大きな要素になるかも。まずは地球貢献エンジニアへの第一歩として、仕事のやり方のエコから取り組んでみてはいかがでしょう。

このレポートを読んだあなたにオススメします

厳選★転職の穴場業界 エコロジー製品

エコプロダクツ2006に並んだモノづくり系環境技術

厳選★転職の穴場業界エコロジーという言葉が当たり前に使われるようになって久しいが、ここにきてお題目から実用技術へと急速に変化を遂げている。地球温暖化…

エコプロダクツ2006に並んだモノづくり系環境技術

発見!日本を刺激する成長業界

仮想化技術が旬すぎる!クラウドのキーワードだ

発見!日本を刺激する成長業界1台の物理サーバーを複数の仮想サーバーとして稼働させたり、クライアントPCのアプリケーション、データを「お任せ」にするといった、…

仮想化技術が旬すぎる!クラウドのキーワードだ

ソフト、ハード、バイオ……技術者たちが総動員!

地球滅亡の危機は全エンジニアが救う

地球温暖化、環境汚染、廃棄物処理、資源枯渇、砂漠化……。これらをつくったのは、ある面、技術。そして、その改善手法も技術…

地球滅亡の危機は全エンジニアが救う

発見!日本を刺激する成長業界

先進技術の宝庫、スマートハウス開発の舞台裏

発見!日本を刺激する成長業界エネルギー消費量がごく少ないスマートハウスが今、注目を浴びている。建築関連技術だけでなく、太陽電池などのエネルギーデバイス、省電…

先進技術の宝庫、スマートハウス開発の舞台裏

キーワードは「仮想化」&「独自開発力」

データ爆発時代のインフラエンジニア、生き残りの条件

スマートフォンやタブレット端末の爆発的な普及や、ユーザー側のリッチコンテンツに対する要求レベルの高まりなどによって今、ネットの世…

データ爆発時代のインフラエンジニア、生き残りの条件

IT業界、生保業界…7人の人事に聞いたウラ事情

人事担当者が告白!転職者の給与はこうして決まる

「前給考慮」「経験能力に応じて優遇」などは募集条件でよく見る言葉。でも前給や経験能力を、具体的にどう考慮して給与を決め…

人事担当者が告白!転職者の給与はこうして決まる

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP