• はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
エンジニア給与WAVE! Vol.55 あなたは高い?低い?年収格差時代の給与相場チェック
企業規模、職種、年齢による会社員の賃金格差はもちろんあったが、近年その差がエンジニアにも広がっているという。その実態をTech総研が行ったエンジニア年収調査から明らかにした。
同年代の給与相場がチェックできる給与相場シミュレーターを搭載したので、ぜひ試してみては?
(取材・文/広重隆樹 総研スタッフ/宮みゆき イラスト/kucci(クッチー) 撮影/加納拓也)作成日:06.05.03
“弱肉強食”が激化し、格差社会が出現する時代に
 これまで一億総中流と呼ばれた日本社会。世の会社員は、終身雇用と年功序列型の賃金体系に支えられ、良くも悪くも日本社会の中間層として、経済や社会の発展を支えてきた。ところが、バブル崩壊後の「失われた10年」の間に、企業の人事政策は大きな変貌を遂げることになる。

 正社員を多数抱えることは重荷になり、賃金が安く契約解除しやすい非正規社員の比率が高まってきた。少数の正社員に対しても、全員に等しく高給を払うことは不合理と考えられるようになってきた。成果主義が導入され、高いパフォーマンスを示す社員は高給で優遇し、そして標準以下の業績しか上げられない人はリストラされるというように、社員の処遇が多様化してきたのだ。

 初任給はたとえ安くても、じっと我慢すれば、同期入社組と一緒に昇進し、いずれは係長や課長になれて、年収も上がり、最後は退職金で報われる──そんな会社はいまどき皆無といってよい。

 新卒で会社に入った20代前半の時点から、いまどきの会社員は激しい競争にさらされる。そのし烈な競争は会社員人生の最後まで続くことになるだろう。収益の分配は平等・均等にではなく、個人の成果によって不均等に分配される。そのことが結果的に個人のモチベーションを高める契機にもなるわけだが、言い換えれば、限られた給与原資を奪い合う“弱肉強食”の時代が始まったということでもある。

 厚生労働省が毎年作成する「労働経済の分析」(労働経済白書)の2006年版骨子は「20代の所得格差が拡大し、固定化が懸念される」と指摘している。その背景にあるのは、主に正規─非正規社員の賃金格差だが、正社員の中での格差も無視することはできない。事実、同骨子は30〜40代の正社員でも、成果主義賃金の導入で格差が広がっていることを指摘しており、それは今後20代にも波及していくことは確実だ。
20代後半で、はや300万円と3000万円の年収格差
 エンジニアという専門技術職も、こうした格差の競争から無縁でいることはもちろんできない。今回はTech総研が2006年3月に行ったエンジニア調査(サンプル数3452人)から、エンジニアの給与格差の実態を明らかにすべく、職種別・年代別の年収比較を試みた。

 まず検討したいのは、職種間の年収格差だ。アンケートでは、ソフトウェア・ネットワーク関連を10職種、ハードウェア関連を10職種に細分化し、合計20職種の年収比較を行っている。(→給与相場シミュレーターを試してみる

 それによれば、ソフト系の「コンサルタント、アナリスト、プリセールス」職種の762万円(全体平均)が最高、「システム開発(Web・オープン系)」が最低の574万円(同)で、その差は約190万円ということになった。ひと口にエンジニアといっても、技術や知識の専門性の高さ、企業収益の寄与度、人的資源の稀少性などによって、職種間の格差が生まれているとみてよい。絶対数が少なく、しかしその仕事での何億円もの契約が取れるような仕事は、当然ながら給与・ボーナスも高いということになる。

 ちなみにアンケートでは、3000万円の年収を得ている20代後半(25〜29歳)のコンサルタント職がいる一方で、同年代で年収300万円そこそこのエンジニアも多数おり、その年収格差は最大で約10倍ということになる。

 年代別にとらえると、20代後半の平均年収は495万円で、以降、30代前半(30〜34歳)は526万円、30代後半(35〜39歳)は636万円、40代前半(40〜44歳)は712万円という結果になった。30代前半と30代後半の差が最も大きい。この時期に同期入社組が選別され、昇進・昇格を通して明確なポジション格差がつけられると同時に、成果主義的な評価の結果、年収の差も広がっていることが推測される。

 いわば、30代前半から後半にかけてが、現状では最も「格差バネ」が働く世代だといってよい。
同年代で判定! あなたは金持ちエンジニア? それとも貧乏エンジニア?
 調査結果によりクローズアップして、30代前半に絞って、個人と職種間の比較を試みたのが下のグラフだ。平均年収で見てみると、大きく「ソフトウェア・ネットワーク関連」が546万円、「ハードウェア関連(電気・電子・機械関連)」が549万円で職種間の差は大きくはない。

 しかし、なかには最高額で1200万〜1300万円の年収を得ているエンジニアもいる。その一方で300万円の年収にあえぐ人もいる。年収300万円では、独身者ならともかく、扶養家族が多いとかなり厳しい生活といわざるをえない。子供の教育費の捻出もおぼつかないだろう。最高と最低の差はおよそ1000万円もある。

 同じ職種、同じ年代なのに1000万円も違う! この差はいったいどこから生じるのだろうか。もちろん企業の経営規模の大小がひとつ考えられる。また外資系と国内系の違いも考慮に入れておく必要もある。正社員と派遣などとの非正社員の差も無視できない。当然ながら働き方も違うだろう。1000万円の年収は月3けたの残業時間のゆえかもしれないからだ。

 さて、こうした格差を実感していただくために今回は、職種と年齢を選択することで、同世代・同職種のエンジニアの平均年収、最高年収、最低年収、そして労働時間が一望できる「給与相場シミュレーター」を実装した。同年代、同職種のエンジニアがいったいいくらもらい、どのぐらい働いているかを簡単に知ることができる。それと比較して自分は多いのか少ないのかも判定してみてほしい。
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
あなたを求める企業がある!
まずはリクナビNEXTの「スカウト」でチャンスを掴もう!
スカウトに登録する
  宮みゆき(総研スタッフ)からのメッセージ  
宮みゆき(総研スタッフ)からのメッセージ
これまでエンジニアの職種別に細分化された給与データというのは、あまり見たことはなかったのでしょうか。年代別でも職種別でも、あきらかに見えてくる年収格差。これまでの会社規模、業績などの要因に加え、これからは同じ会社内での成果主義評価でも大きな格差が生まれる時代もやってくるかも……。同じ仕事をするならやはり少しでも多くの収入は得たいもの。引き続き、評価と年収アップについては探っていきたいと思います。皆さんの判定結果への感想もぜひお聞かせください。

このレポートの連載バックナンバー

エンジニア給与知っ得WAVE!

キャリアプラン、ライフプランの設計に「お金」の問題は欠かせません。エンジニアのお金に関する疑問に独自調査データとトレンド情報でお答えします。

エンジニア給与知っ得WAVE!

このレポートを読んだあなたにオススメします

今月のデータが語る エンジニア給与知っ得WAVE!

IT業界の給与格差を探る!元請と下請でいくら違う?

エンジニア給与知っ得WAVE!元請け─多重下請け構造として形成されてきたIT業界。発注側、受注側、下請け側と、それぞれの階層にいるエンジニアの給与格差はどの程…

IT業界の給与格差を探る!元請と下請でいくら違う?

今月のデータが語る エンジニア給与知っ得WAVE!

年収一挙公開!大手VSベンチャーどっちが給料多い!?

エンジニア給与知っ得WAVE!「大企業は高給与、中小はそれを超えられず、ベンチャーは不安定」──企業規模による給与・年収の格差については、こうした図…

年収一挙公開!大手VSベンチャーどっちが給料多い!?

今月のデータが語る エンジニア給与知っ得WAVE!

残業代、住宅手当は?エンジニアの生“給料明細”拝見

エンジニア給与知っ得WAVE!30歳前後のエンジニアの給与と家計はどうなっているのだろう。給与はこれから増える?減る? 貯金はいくらぐらい? 資産運…

残業代、住宅手当は?エンジニアの生“給料明細”拝見

今月のデータが語る エンジニア給与知っ得WAVE!

平均格差83万円!外資vs国内企業の30代年収ギャップ

エンジニア給与知っ得WAVE!「外資系は給与が高い」とは一般的にいわれるところ。実際にはいくらくらい違うのか?2006年1月に行ったエンジニア307…

平均格差83万円!外資vs国内企業の30代年収ギャップ

今月のデータが語る エンジニア給与知っ得WAVE!

関東と北信越の年収差103万円!地域別の年収格差は?

エンジニア給与知っ得WAVE!日本列島は南北に長い。景気復調の今、都市部、とりわけ東京への一極集中で、大都市の状況だけでは全国を語れないという現象が…

関東と北信越の年収差103万円!地域別の年収格差は?

やる気、長所、労働条件…人事にウケる逆質問例を教えます!

質問を求められたときこそアピールタイム!面接逆質問集

面接時に必ずといっていいほど出てくる「最後に質問があればどうぞ」というひと言。これは疑問に思っていることを聞けるだけで…

質問を求められたときこそアピールタイム!面接逆質問集

この記事どうだった?

あなたのメッセージがTech総研に載るかも

あなたの評価は?をクリック!(必須)

あなたのご意見お待ちしております

こちらもお答えください!(必須)

歳(半角数字)
(全角6文字まで)
  • RSS配信
  • twitter Tech総研公式アカウント
  • スカウト登録でオファーを待とう!
スマートグリッド、EV/HV、半導体、太陽電池、環境・エネルギー…電気・電子技術者向け特設サイト

PAGE TOP