転職活動で非常に重要な書類が「職務経歴書」です。職務経歴書は、書類選考の際にあなたの経験・スキルを伝える重要ツール。分かりにくい職務経歴書だと面接に進めないことも。すでに職務経歴書を持っている方も、これから職務経歴書を作る方も、ぜひ参考にしてみてください。

職務経歴って?という方は→「履歴書と職務経歴書はどう違う?」

STEP1:職務経歴書の書き方を知る

初めて職務経歴書を書く人にとって、一番大切な作業は「キャリアの棚卸し」になります。まずは自分のキャリアを整理し、どんな経験・スキルを持っているのかを明確にすることが第一のステップです。過去の手帳やスケジュール表などを読み返してみて、どの時期にどんな仕事をして、何が身に付いたのかをまとめてみましょう。

職務経歴かんたん作成ツール | けいれきナビ

STEP2:職種別! 職務経歴書の書き方見本集

職務経歴書は履歴書と違ってテンプレートが決まっていません。職種によって、まとめる要素や打ち出すポイントは違ってくるので、経歴書の見本を参考にしつつ、自分の魅力をまとめていきましょう。

営業

事務企画・管理職

サービス・販売

専門職系(コンサルタント、金融、不動産)

クリエイティブ

技術系(IT・ソフトウェア、ネットワーク)

技術系(電気、電子、機械)

技術系(素材、食品、メディカル)

技術系(建築、土木)

STEP3:自己PRには何を書く?

見落としがちなのが自己PRです。自己PRはスキル・キャリアに収まらないあなたの熱意を企業に伝えるメッセージボード。飾らなくても構いません。記事を参考に、あなたの言葉でアプローチしてみてください。

STEP4:もっとブラッシュアップしたい

STEP5:職務経歴書Q&A

会員登録がまだの方

会員登録(無料)

会員登録がお済みの方

「今すぐ転職」にも「いつかは転職」にも即・お役立ち!リクナビNEXTの会員限定サービスに今すぐ登録しておこう!

1転職に役立つノウハウ、年収・給与相場、有望業界などの市場動向レポートがメールで届きます

2転職活動をスムーズにする会員限定の便利な機能

・新着求人をメールでお届け

・希望の検索条件を保存

・企業とのやりとりを一元管理など

3匿名レジュメを登録しておくとあなたのスキル・経験を評価した企業からスカウトオファーが届きます

会員登録し、限定サービスを利用する

※このページへのリンクは、原則として自由です。(営利・勧誘目的やフレームつきなどの場合はリンクをお断りすることがあります)