叱ってちょーだい

毎回著名人にあなたの悩みをぶつけていただく、このコーナー。熱く、愛を持ってお答えします。
悩
「上司が仕事を押し付けます…」

上司が、仕事を押し付け、席を外します。仕事はろくにできず、催促されると腹を立て、私達が手がけた仕事を自分がやったと役員に報告。私達が役員に「仕事しないなら辞めていい」と言われました。根拠なく否定され、上司の分まで泣く泣く働くのに疲れて元上司に相談したら、「もう少し我慢しないと」。これ以上、どこまで我慢し続けなければいけないのでしょうか。(総務・27歳)

いざという時は目をつぶって飛べ!!
今週の叱り役

ジャーナリスト
鳥越俊太郎

1940年、福岡県生まれ。京都大学文学部国史学科卒業後、毎日新聞社入社。新潟支局、大阪・東京本社社会部、外信部テヘラン特派員、『サンデー毎日』編集長を経て、89年、キャスターに。99年の桶川女子大生ストーカー殺人事件での報道姿勢が評価され、日本記者クラブ賞を受賞。関西大学で教鞭も執る。

きちんと説明する能力を持とう

我慢することはない。こんな我慢を続けていたら、最後にはあなた自身がキレて、大爆発を起こしますよ。心の中にある爆弾は、小さなうちに爆発させてしまったほうがいいんです。大きくなってからでは、大災害になってしまう。

こういった上司は、たとえ上にいい顔をしながら、ある程度は出世できたとしても、どうせ最終的にたいした出世はできないよ。年功序列が崩れ、リストラも多い今のご時世では、人の上に立つだけの能力やそれなりのものを持つ人でなければ、幹部になっていけない。その傾向は、ますます強くなっています。

だから、あなたもダメな上司のことなんか恐れずに、むしろぶっ飛ばすくらいの気持ちで、堂々と自己主張すべきです。役員に仕事をしていないと言われたら、「ちょっと待って下さい。実状はこうなんです」と、説明をする。役員に向かってきちんと説明できる能力を持たないと、あなただって、仕事ができる人間になる望みは持てませんよ。

ただ、この人があなたの直属の上司で、内部告発されたとなったら、あなたに意地悪をしてくるかもしれない。他の上司が、あなたに我慢するよう言うくらいだから、恐らく派閥をつくっていて、自分にすり寄ってこない部下を落とすタイプかもしれないね。

勇気を出して動けば必ず変わる

僕も新聞社時代、正月に部長の家へ部下が集まる慣習があって、中には、休日に草むしりや犬の世話にまで行く部下もいたらしい。でも、僕は行かなかった。そんなことで人事をうまく取り計らってもらおうなんて、どうしてもプライドが許せなかった。僕は一切、派閥に属さずにやってきたんです。

その分、一時的には損害を被ったり、遠回りしたかもしれない。でも、「俺はあんなヤツらと違う」って自負が、長い目で見たら大事なことだったんだと思ってる。しかも、ちゃんと仕事を見て評価してくれる上司だっているんです。

あなたも、いろいろな仕事を自分なりにやっていく中で、必ず評価されるものがあるはずです。それは、どんな仕事であっても言えることなんだ。仕事を押しつける上司の存在は、むしろ多くの仕事ができて、別の上司からは評価されるチャンスもあるということです。

そのためにも、勇気を持って前へ出てみる。そりゃあ、役員に向かって事実を言う時はドキドキするでしょう。初めての大仕事の直前には、誰でもすごく緊張するものだからね。上司と気まずくなりたくないし、和も乱したくはないだろうから、気弱にもなる。だから、口火を切る瞬間は、目をつぶって「エイッ!」と気合いを入れないと、できるもんじゃない(笑)。「清水の舞台から飛び降りる」とは、そういうことですよ。

でもね、そうやって一度行動を起こせば、必ずや何かが変わります。僕だって、子どもの頃から引っ込み思案だったし。長年、新聞社でやってきて、15年前に初めてテレビ出演したときなんか、本番前には心臓が飛び出すほどバクバクで、逃げ出そうかと思ったものだよ。それが今ではすっかり大丈夫になった(笑)。どんなことでも、場数を踏めば必ず慣れてきます。まず最初は、我慢せずに勇気を出してみることです。

EDIT
マインドシェア
WRITING
羽塚順子
PHOTO
岡本寛

会員登録がまだの方

会員登録(無料)

会員登録がお済みの方

「今すぐ転職」にも「いつかは転職」にも即・お役立ち!リクナビNEXTの会員限定サービスに今すぐ登録しておこう!

1転職に役立つノウハウ、年収・給与相場、有望業界などの市場動向レポートがメールで届きます

2転職活動をスムーズにする会員限定の便利な機能

・新着求人をメールでお届け

・希望の検索条件を保存

・企業とのやりとりを一元管理など

3匿名レジュメを登録しておくとあなたのスキル・経験を評価した企業からスカウトオファーが届きます

会員登録し、限定サービスを利用する

※このページへのリンクは、原則として自由です。(営利・勧誘目的やフレームつきなどの場合はリンクをお断りすることがあります)