叱ってちょーだい

毎回著名人にあなたの悩みをぶつけていただく、このコーナー。熱く、愛を持ってお答えします。
悩
「転職しようにも選択肢がありません」

長年アパレル店で接客をしてきました。ファッションの仕事は好きですが、複数の店舗管理を任されるようになり、売り上げノルマ達成のため、休日返上で接客と数字に翻弄され、疲労困ぱい状態。転職しようにも、地方に住んでいるので年齢的に同じような職種しか選択肢はありません。今は苦しいですが、このまま続けていれば光は見えるのでしょうか?(アパレル関係 34歳 男性)

キャリアを武器に!
今週の叱り役

プロボクサー/WBC世界フライ級チャンピオン
内藤 大助さん

information
●内藤大助オフィシャルサイト
内藤さんのメディア出演などの最新情報はこちらから。
http://daisukenaito.com/
1974年、北海道生まれ。中学時代に受けたいじめのトラウマを克服するためにボクシングを始める。96年プロデビュー。日本フライ級新人王、同王座、東洋太平洋フライ級王座を獲得した後、2007年7月、3度目のWBC世界フライ級タイトルマッチに挑戦し、悲願の世界チャンピオンの座を勝ち取る。著書に『いじめられっ子のチャンピオンベルト』(講談社)。

最年長記録の俺だって頑張ってます!

僕の勝手な意見だけど、転職はしないほうがいいと思うんだよね。何と言っても、あなたには今まで積み上げてきたキャリアがあるんだからさ。それは、たとえ若い人が24時間働いたとしても追いつかないものでしょ。だから、あなたが持っているキャリアの価値を自覚して、もう少し頑張ってほしいな。

僕もあなたと同じ34歳なんだけど、ボクシングの世界では本当にもうトシなの。30歳過ぎると体力が落ちる一方だから、ボクサーとして無理だって、何度も言われてきた。確かにガタがきてるところはあるけど、僕は年齢のことは考えないようにしてる。「いやあ、この歳ですから」って口では言うけど、スタミナに関しては若いころよりあるし、技術的にもメンタル的にも伸びているからね。だから、日本で最年長記録を更新できているんだと思う。

若い人と比べて試合の経験数も多いし、試合のビデオを見て分析してる数だって多いわけだし、いろんな仕事をしてボクシング以外の人生経験もしてきている。そういったことをすべて含めて、若手がいくら練習や努力をして埋めようとしても埋められないキャリアが僕にはあると思ってる。それはあなただって同じだと思います。

若い人からエネルギーをもらおう

あなたはファッションの仕事が好きだって言うし、何年もかけてここまで上りつめたわけじゃないですか。そのあなたのいる地位になりたいと思ってる若い人だっているはずです。転職しちゃったら、また一からやり直すわけだし、「転職してよかったんだろうか?」って、また悩んでしまうことになると思います。苦しさから逃げるように転職しても成功はしないよ。

「どうしてもやりたいことがある」というのなら、話は別だと思います。やりたいことを目指したほうがいい。でも、あなたは「これがしたい」という仕事がないみたいだしさ。それなら、今の職場や仕事のいいところを見つけながら、続けてみようよ。休みがなくて毎日が苦しいという中でも、きっといいことはあると思うんだよね。そこを見つけようとする視点を持つことだよ。

若い人たちがたくさんいる職場なんだろうから、もっと若い部下たちからエネルギーをもらうとかね。僕もボクシングジムに年下しかいないんですよ。だから、若いヤツとしゃべりながら若いテンションをかぶっちゃうの。あなたもそうやって気持ちを若くして、部下たちと距離を近づけてみたら、絶対、いい方向にいくと思います。

EDIT・WRITING
羽塚順子
DESIGN
マグスター
PHOTO
刑部友康

会員登録がまだの方

会員登録(無料)

会員登録がお済みの方

「今すぐ転職」にも「いつかは転職」にも即・お役立ち!リクナビNEXTの会員限定サービスに今すぐ登録しておこう!

1転職に役立つノウハウ、年収・給与相場、有望業界などの市場動向レポートがメールで届きます

2転職活動をスムーズにする会員限定の便利な機能

・新着求人をメールでお届け

・希望の検索条件を保存

・企業とのやりとりを一元管理など

3匿名レジュメを登録しておくとあなたのスキル・経験を評価した企業からスカウトオファーが届きます

会員登録し、限定サービスを利用する

※このページへのリンクは、原則として自由です。(営利・勧誘目的やフレームつきなどの場合はリンクをお断りすることがあります)