リクナビNEXTジャーナル

キャリア・ビジネスの情報満載【リクナビNEXTジャーナル】

「仕事仲間と行きたい」心に残る東京の“鍋料理店”4選

鍋はちょっとしたイベント。できあがるのを心待ちにしながら、目の前でグツグツと煮えるさまを皆で楽しみます。しばらくして空腹が頂点に達した時にふたをオープン。その瞬間、たとえ口には出さなかったとしても、上司も部下も、同僚もライバルも、心の中で「おー、うまそう」と言っているはず。すべからく、おいしい鍋の前では皆平等になるものです。今回はそんな、参加者が立場を越えて親しくなれそうな”鍋力”が高い店を紹介します。

老舗の味に舌鼓、浅草一文の「ねぎま鍋」(浅草)

f:id:arkcomm:20170118022935j:plain写真提供:浅草一文

まるで霜降り肉に見える具材の正体はマグロのトロ部分。思わず生で食べたくなるトロを、江戸野菜の千寿ネギと一緒に煮るのが「ねぎま鍋」です。まず鍋の中にネギや白菜といった野菜を入れます。そこにトロの中でも脂が多いカマトロを思い切って投入、テンションが上がらずにはいられません。煮込まれていくうちに、トロの脂は出汁に溶け出していき、そのうまみがネギや白菜に移ります。

いつもは薬味に甘んじることが多いネギですが、大きくカットして味わうと、ここまで甘くおいしくなるのかと驚かされます。肝心のトロはといえば、こちらはホロホロに。とはいえ煮魚になってもそこはトロ、口の中でふわりと溶けるような感触は、他では得難いものではないでしょうか。

f:id:arkcomm:20170118023036j:plain霜降り肉と見間違えるほどのトロを千寿ネギといただく

気になる値段はメバチマグロを使った「江戸ねぎま鍋(2人前)」3600円。本マグロを使った「上江戸ねぎま鍋(2人前)」6000円「ねぎま鍋のコース」3000円からになります。さて、どうしてトロを煮るぜいたくな鍋ができたのか? 事の次第は江戸時代までさかのぼります。江戸の庶民にとってマグロはけっして高級魚ではなく、さらにトロは食べずに捨てる部分でした。トロは脂が多いためしょうゆをはじいてしまい、塩分を上げることによる保存が難しいので捨てたのです。それを何とか工夫して食べるために「ねぎま鍋」が考案されました。現代ではけっして安くない料理となりましたが、昔は庶民に親しまれた鍋だったようです。

●浅草一文 本店

電話:03-3875-6800

住所:東京都台東区浅草3-12-6

休み:無休(正月を除く)

時間:18:00〜23:00、土・日・祝日は17:00〜22:00(LOは1時間前)

※値段は税込

インスタにアップしたくなる肉の山、九州黒太鼓の「肉肉肉×29盛り鍋」(池袋、新宿、品川、他)

f:id:arkcomm:20170118023338j:plain写真提供:九州黒太鼓

お分かりいただけるでしょうか。これは火山を表現した現代アートではありません。2015年から2016年にかけて登場し、話題をかっさらったマウンテン肉鍋こと「肉肉肉×29盛り鍋~辛味噌火山仕立て~」です。鍋に盛られた高さ29センチの豚肉は、写真を撮らずにはいられないインパクトを放っています。

いったいどうやって食べるのかというと、上の方から1枚ずつ肉を剥がしていき、辛味噌味のスープで煮ていきます。やがて肉の山の標高が低くなると、土台には新鮮なキャベツが出現。野菜も摂れる寸法です。注文は2人前から、値段は1人1580円になります。

提供しているのは、九州の料理と焼酎のメニューが豊富な九州黒太鼓。なぜか池袋店のマウンテン肉鍋が有名ですが、品川店や新宿店など、他店でもオーダーをすることができます。もしも写真を見て「割と普通じゃないか」と感じたのであれば、よりインパクトが強い別メニュー「29盛り豆乳チーズ鍋〜雪山仕立て〜」がありますので、そちらに挑戦してみましょう。 

●九州黒太鼓 池袋店 

電話:03-3985-2191

住所:東京都豊島区南池袋2-16-8  藤久ビル東3号館B1

休み:無休(正月を除く)

時間:17:00〜24:00、金・土・祝前日は17:00〜翌3:00(LOは1時間前)

※値段は税抜

コタツがあるテラスで食べる、両国テラスの「鶏白湯鍋」(両国)

f:id:arkcomm:20170118024130j:plain写真提供:両国テラス

両国テラスは、「食と健康を楽しむ」をコンセプトとして造られた複合施設です。アスリート向けメニューを提供する食堂などがあって、隅田川の遊歩道を走るランナー向けのスポットとなっています。紹介するのはそこにあるテラスカフェで食べる鍋。同店には暖かい店内スペースに加えて、旧安田庭園の緑を背景とした、開放的な屋根付きテラス席があり、冬場になると掘りゴタツが設置されます。(なお夏場はテーブルと椅子に戻る)

f:id:arkcomm:20170118024257j:plainコタツは人気が高く混雑時は2時間制

ここで仲間と食べることができる鍋は3種類。ひとつは写真で紹介した「鶏白湯鍋」で、鶏肉(骨付きのもも肉、ささみ、つくね)と、野菜にキノコ(キャベツ、ニンジン、水菜、シイタケ、エノキ)を、8時間じっくり煮込んで作ったスープでいただきます。値段は90分の飲み放題と、〆のうどん、サイドメニューが6品付くコース5000円です。他には「洋風トマトすき焼き鍋」のコース(5500円)「豚肉とレタスのしゃぶしゃぶ」コース(5000円)があるので、参加メンバーの好みを考えて選ぶとよいでしょう。なお鍋は午前11:30からはじめられ、事前に3日前の予約が必要、予約は4人からになっています。

●両国テラスカフェ

電話:03-5608-7580

住所:東京都墨田区横網1-12-21

休み:無休(正月を除く)

時間:11:30〜23:00、土・日・祝日は7:00〜23:00(LOは1時間前)

※値段は税込

パクチーが脇役から主役に! 999(カオカオカオ)の「パクチー鍋」(中野)

f:id:arkcomm:20170118024522j:plain写真提供:999

2016年の年末に、ぐるなび総研が発表した「今年の一皿」はパクチー料理。選定理由のひとつは、サラダや鍋など、さまざまな料理でパクチーが脇役から主役に転じたことでした。調べてみると、どうやら2015年前後からパクチーを売りとする店が急増し、パクチードレッシングもヒット、パクチー愛好家「パクチスト」なる愉快な語感の言葉が現れていたようです。好き嫌いが分かれる個性的な脇役から、主役の座を射止めたパクチーさんの強運にあやかろうということで、写真は中野にあるタイ料理店・999(カオカオカオ)のパクチー鍋になります。

ご覧あれ、山のように盛られたパクチーを! さすが山盛りパクチーメニューで有名な店の鍋といったところです。パクチーは、甘みが特徴の岡山産ブランドパクチー。これにしゃぶしゃぶした国産ブランド豚を巻き、タレを付けていただきます。鍋の総量は約1キロですが、「それでも足りない」というパクチストも安心してください、500円で追加パクチーができます。

このパクチー鍋が食べられる「伝説のパクチー鍋コース」は、鍋の他に生春巻き、生レモングラスのサラダ、タイ式卵焼き、空心菜炒め、メインのごはんものが付いて5980円。数日前からの予約(4人から)がいるので、事前に店への連絡を忘れずに。

●999(カオカオカオ)

電話:03-3386-0383

住所:東京都中野区中野5-53-10

休み:月曜(祝日の場合は翌日休)

時間:ランチは火〜金のみで11:30〜14:00、夜は17:30〜24:00(土・日・祝日は17:00〜)でLOは1時間前

※価格は税込、追加パクチーは税抜

文:本山光

編集:富樫政友/渡部真人/大山勇一(アーク・コミュニケーションズ