リクナビNEXTジャーナル

キャリア・ビジネスの情報満載【リクナビNEXTジャーナル】

定番から変わり種まで…もう迷わない!送別会で喜ばれるプレゼント

f:id:tany_tanimoto:20160126171238j:plain

 お世話になった先輩や上司、同僚が、転勤や転職などで会社を去るのは寂しいものです。去り行く人に対して、それまでのお礼やこれからの応援の意味を込め、職場のメンバーで送別会を行うことも多いのでは。

 そんなとき頭を悩ませるのが、送別会で渡すプレゼント。そもそも人に渡すプレゼント選びは難しいものです。「センスのある物を送って喜んでもらいたい」「でも、何をあげればいいのかわからない」――そう考えてインターネットで色々検索する人は少なくないでしょう。

 そこで今回は、「もう悩まない!送別会で喜ばれるプレゼント」を紹介します。

送別会の定番プレゼントは?

 まずは、定番のものから紹介します。誰もがもらってうれしい、外さないプレゼントとは、どのようなものでしょうか?

・筆記具

 仕事や日常生活で頻繁に使用するものといえば、筆記用具です。特にボールペンは、メモを取るときや書類に記入するとき、手紙を書くときなど、使う機会は頻繁にあります。しかし、普段は100円程度で購入できるものや会社の備品を使用している人が多いのではないでしょうか?

 それだけに、高級ボールペンをプレゼントすると、特別感があって、喜ばれます。品質の良いボールペンを1本持っていると、文字を書くのが楽しくなるものです。ボールペンは使用頻度が高いため、「もらったけど、結局使わなかった」ということも避けられます。少し凝ったものを贈りたいときは、ボールペンに名前を入れるのがオススメ。世界に一つしかない自分の名入りボールペンをプレゼントすれば、大切に使ってくれるのではないでしょうか。

 また、本革素材などのペンケースも、長く使えて、ビジネスシーンにマッチしやすいので、プレゼントとしてピッタリです。

・花

 花束をもらって、うれしくない人は少ないでしょう。華やかですし、送別会が終わって自宅へ帰ったあとに花束を部屋に飾り、しみじみと思いを馳せるというのも良いものです。

 生花店で花束を作ってもらうときは、年齢、役職、性別、キャラクターなどを店員に伝えると、そのイメージに合わせて花やカラーを組み合わせてくれます。贈る相手にもきっとその思いは伝わるでしょう。また、花束のほかに「プリザーブドフラワー」もオススメです。生花の場合は枯れてしまうため保存が利きませんが、プリザーブドフラワーは生花を加工してあるものなので、長い期間飾っておくことができます。スタンド状のものやグラスに入っているものなどオシャレなデザインのものが数多くありますし、サイズも大小さまざまあります。

f:id:tany_tanimoto:20160126171316j:plain

人とは違う!工夫したプレゼント

 定番のプレゼントも良いですが、相手の好みに合いそうな物を探してプレゼントするのも楽しいものです。

 男性の場合は、ネクタイやワイシャツなどのいわゆる「スーツ小物」が良いでしょう。男性のスーツ姿はシンプルなものになりがちですし、ブランドなどにこだわりのない人もいます。そんな人にブランド物の逸品を贈ると、普段自分が買わないだけに感謝されるでしょう。スーツ小物にこだわりを持っている男性には、似合いそうな色のワイシャツや高級感漂うネクタイなどをプレゼントすると、喜ばれます。仕事以外のパーティシーンでも使えるデザインなら、なお良いでしょう。

 女性の場合は、会社で使えるグッズがオススメです。例えば、パソコンを入れるケースや、社員証を入れるIDケース、ブランド物の名刺入れなど。女性はオシャレな小物が好きな人が多いので、デザインや柄、素材などにこだわって選ぶようにしましょう。これらのグッズは仕事中に使えるため、「新しい職場や部署でも私たちのことを忘れないでくださいね」という意味も込められます。

 左党の人には、お酒をプレゼントすると喜ばれます。事前に好みをリサーチしておき、有名メーカーのワインや木箱に入った高級焼酎などをセレクトして渡しましょう。また、お酒のラベルに名前やメッセージを入れられるサービスも人気です。

気をつけたい!プレゼントのNGマナー

 プレゼントで気をつけたいのは、贈ると失礼になる物があるということです。良かれと思って贈ったのに、マナー違反で相手の感情を害してしまっては、せっかくの好意が台無しになってしまいます。

 例えば、部下から上司に現金を贈ることはNGです。目上の人にプレゼントとして現金を贈るのは失礼な行為です。もし実際に渡してしまったら、表向きは何も言われないかもしれませんが、「マナー違反」として気分を害してしまうのはまず間違いないでしょう。

 また、筆記具は定番のプレゼントであるとお伝えしましたが、上司に贈るのはふさわしくありません。それは、筆記具を贈ることが「これからももっと仕事に励みなさい」という意味を持つからです。

 靴やスリッパ、ルームシューズや靴下などの履物も避けましょう。よく使うものなので重宝しますが、履物は「相手を踏みつける」という印象を与えるため、送別会のプレゼントには適していません。

 花束を渡す際は、本数と花の種類に気を付けてください。一般的に縁起が悪い「忌み数」と言われる「4(死)、9(苦)、13(13日の金曜日)」の本数は避けるのが基本です。花の種類としては、葬式のイメージがある菊がタブーなのはわかりやすいと思います。ほかに意外な花として、紫陽花があります。紫陽花は「色あせる」というイメージを与えるため、送別会のプレゼントには避けられています。また、「死」や「苦」を連想させるシクラメンも贈らないようにしましょう。

その人に合ったプレゼントで、送別会を盛り上げよう!

 送別会は、別れを惜しむのと同時に、これからの門出を祝う会です。相手が新しい場所で活躍する姿を思い浮かべながら「何をあげたら喜ぶかな?」と考えながらプレゼントを探すと、相手に喜ばれるピッタリの逸品が、きっと見つかることでしょう。