リクナビNEXTジャーナル

キャリア・ビジネスの情報満載【リクナビNEXTジャーナル】

なるべくお金を使わない生活方法を教えて!快適節約生活入門

f:id:tany_tanimoto:20151202185234j:plain


 「なるべくお金を使わないことが金持ちになる近道だ」と言われます。とはいえ、ひもじい生活はしたくないものです。節約とケチは違います。なるべくお金を使わない生活をして貯金をしつつ、それでいて人生を快適に過ごす――。ここでは、そんな快適節約生活の方法をご紹介します。

まず自分の出費を把握しよう!

 毎日の買い物で、つい目移りして「あれも、これも」と手を伸ばしていませんか?そういう細々とした出費が節約には一番の大敵。まずは自分の出費状況を管理しましょう。

家計簿アプリで出費を把握する

 自分の収入の範囲内に出費を抑えること。これがすべての基本です。考えてみれば当たり前のことなのですが、これができていない人が案外多いのではないでしょうか?「収入>出費」を守るために大切なのが家計の収支管理です。食費、家賃、光熱水費、通信費などに毎月いくら使っているか、これをしっかり把握しておくことで、無駄遣いや衝動買いが減ります。 

 しかし「そんな面倒なことはしたくない」という人もいるでしょう。そういう人におすすめなのが、スマホの「家計簿アプリ」です。用途と必要性に応じてさまざまなアプリがあります。全体の収支把握はもちろん、「食費は月額3万円」と決めれば、今月すでにいくら使っていて、残高はいくらといった数字が一目瞭然に表示されるものもあります。これなら「今月は残り5000円か……」となって、節約意識が高まるでしょう。

食費は収入の15%以内に

 食費は収入の15%以内に抑えましょう。つまり、月収が手取り20万円なら食費は3万円以内に収めるということです。このとき食費の中に外食を含めるのか、外食は交際費として別予算で計上するのかは各人の考え方次第です。

 また、実家からお米をたくさん送ってもらえる人ならば、食費を10%以内に抑えて、その分を他の出費に回すという手もあります。

自炊はトク?

 「ひとり暮らしの場合、自炊も弁当などのテイクアウトも大差ない」という人がいます。これはあくまでもやり方次第です。

 もちろん、100円の惣菜パンと同じものを自宅で作ろうとしたら、その何倍もの材料費がかかるのは当然です。しかし、カレーなど大量に作り置きのできるメニューを、スーパーの特売日に格安で買った食材で作った場合は、出来合いのものと比較して半額以下に抑えられます。

家賃をどう抑えるか?

 実家に住んでいる人は別にして、ひとり暮らしの人にとって最も高い支出になるのが家賃でしょう。一部調査によると、首都圏、関西、東海地区に住む月収20万円前後の20代ひとり暮らしの女性の場合、家賃の平均は6万5000円だそうです。したがって、収入の3割超が家賃に充てられている計算になります。

 家賃を減らすためには通常、職場から離れた場所へ引っ越すか、格安物件を探す人が多いでしょう。ただ、若い男性なら「起きて半畳、寝て一畳」のような狭い物件でも大丈夫でしょうが、衣類など荷物の多い若い女性は嫌がる人が少なくないでしょう。また、人通りの少ないところや格安の物件についてはセキュリティ面を心配する女性が多いと思います。

 あえて節約するとしたら、「特級や急行の停車駅を避け、各駅停車しか停まらない駅周辺で探す」「最寄り駅から徒歩15分以上のところで探す」「最寄り駅からバスを利用しなければならないところで探す」という方法が一般的です。

 また、最近では家賃をクレジットカードで払えるところが出てきました。家賃をクレカで払うことができると大量のポイントを獲得できます。大家さんや管理会社にクレカ払いができないか聞いてみるといいかもしれません。

ズボラでもOK!手軽にできる節約生活術

 「支出を抑えて貯金したいけど、とにかく面倒臭いのは嫌い」という人のために、誰でも簡単にできる節約生活術を紹介します。

光熱水費

 光熱費の多くを占めるのがエアコンによる冷暖房です。これをなるべく抑えるのが節約のコツです。一般的なのは「エアコンと一緒に、夏は扇風機、冬はコタツを併用する」「定期的にエアコンを清掃する」「冬は厚手のカーテンの利用する」という方法です。これらに気配りするだけで月額500円程度の節約が可能になります。

 ただし、意外と高くつくのがホットカーペット。使い方によってはコタツの倍額以上になることがあります。ホットカーペットを使用する際は、部分的に暖める機能を利用したり、フローリングに直接敷くのではなく、毛布を一枚挟むなどすると消費電力が減ります。

・待機電力を減らす

 電化製品のコードをコンセントに差し込んだままにしておくと、待機電力がかかります。テレビやパソコン、オーディオ機器など、使用していない時はコンセントから外しておきましょう。これだけで年間で1カ月分ほど節約できるといわれます。人によっては年間1万円くらい減らすことができるでしょう。

f:id:tany_tanimoto:20151202185257j:plain


・水道代
 よく「エアコンは電源を入れたり切ったりをこまめに行うのではなく、24時間つけっぱなしのほうが電気代が安くあがる」といわれますが、企業、一般家庭などすべてのケースに該当するわけではないようです。

 ただし、水道代については別。水道は流しっ放しにせず、こまめに止めるようにしましょう。これが一番の節約方法です。また、浴室のシャワーやキッチンの蛇口に「節水ヘッド」を取り付ける方法もあります。なかには水圧を変えずに水量を約50%削減できるものがあるので、興味のある人は試してみてください。

 一方、トイレのタンク内にペットボトルなどを入れて使用水量を減らすという方法を聞いたことがあるかもしれませんが、流れる水が減る分、水圧が下がり、きちんと流れないことがあります。あまりおすすめはできません。

 入浴については、湯船に浸からず、シャワーだけで済ます人が多いと思います。ただ、15分程度シャワーを使うと浴槽1杯分くらいの水量になります。残り湯を洗濯に使うなどして利用すれば、むしろ湯船に浸かるほうが節約になることがあります。

携帯電話代

 まず見直すべきは契約条件で、店で勧められるまま契約している人は、全く使っていない機能に毎月定額を支払っていないか確認しましょう。もちろん契約プランの見直しを定期的に行うことも大切です。

 スマホのネット回線使用料などは、複数の家族が外よりも自宅で利用する機会が多い場合、家ではWi-Fiを使い、スマホ本体は格安プランに変更するほうが安く済みます。また、「格安スマホ」「格安SIM」と呼ばれるサービスを利用すると、かなりの節約になります。ただし、この場合はデータ通信がメインなので、通話は音声通話が可能なサービスを追加するか、「LINE」のような無料通話アプリを使うようにします。

そこまでやる!究極の節約術で小金持ちになる!

 よく言われるのは「電気のアンペア数を下げること」ですが、ほかにもこんな「奥の手」があります。ゲーム感覚で挑戦してみてはどうですか?

ティッシュの代わりにトイレットペーパーを使う

ポケットティッシュは買わず、街頭でもらうのは基本中の基本。
ハナをかんだり、ちょっとした汚れを拭く程度なら、ティッシュより安いトイレットペーパーを日用使いにしてみましょう。特に不便は感じないと思いますよ。

電子レンジをなるべく使わない

 弁当や総菜はコンビニで温めてもらいましょう。食品の解凍も電子レンジを使わず、冷凍庫から早めに出して自然解凍させます。

第1類医薬品は薬剤師のいない時間帯を狙って割引券をゲット

 効き目が強いとされる第1類医薬品。花粉症の薬や育毛剤などで利用している人もいるでしょう。第1類医薬品をドラッグストアなどで購入するには、薬剤師がいる時間帯に行く必要があります。ところが、そもそも薬剤師がいない店も多く、そんなところでは第1類医薬品を取り扱っていません。第1類医薬品を販売しているドラッグストアでも、営業時間中ずっと薬剤師がいるわけではなく、夜遅い時間は不在にしていることがあります。そんな時間帯を狙って行くと、大手ドラッグストアチェーンの中には10%くらいの割引券をくれるところがあります。第1類医薬品は値が張るものが多いので、これは助かります。割引券をもらって、翌日薬剤師のいる時間帯へ行けばいいのです。

本は買わずに図書館で借りる

 品揃えが充実している図書館が最近増えています。本だけでなく、新聞、雑誌などは買わずに図書館を利用しましょう。

トイレはなるべく会社や駅、店を利用する

 水道代で一番高いのがトイレ。1回流すごとに6~8リットルの水量を使うというのだから驚きますよね。帰宅前に会社や最寄り駅、コンビニなどのトイレを借りて済ませておくと、水道代だけでなく、トイレットペーパー、洗剤などトイレ回りの各種用品の節約にもなり、さらに清掃の手間まで省けます。侮れないですね。

節約するとライフスタイルまで変わる

 無駄遣いしがちな人の中には、だらしない生活をしている人が少なくありません。そういう人が節約生活を続けると、お金が貯まるのはもちろん、生活がキリリと引き締まります。また、なるべくモノを持たない生活をしようと意識するようになるでしょう。それが、いま話題の「ミニマリスト」(持たない暮らし)ですね。つまり節約とは、自分の生活を変える「ライフマネジメント」でもあるのです。

 

<関連記事>

next.rikunabi.com