【マンガ】バイト先の店長が「ごちそうさま」を通して僕に教えてくれた大切なこと

こんにちは、吉本ユータヌキです。僕は数年前まではバンドマンをしていて、当時はサラリーマンとして働けるほど時間に余裕もなく、たいした稼ぎもできないフリーターで、貧乏な生活を過ごしていました。そんな時期に、バイト先の店長が「ごちそうさま」を通して僕に大切なことを教えてくれました。