リクナビNEXTジャーナル

キャリア・ビジネスの情報満載【リクナビNEXTジャーナル】

ピックアップ

【マンガ】ワンマン社長、連休明けに豹変!?(10)

こんにちは、イラストレーターのにぎりこぷしです。休日明けの仕事って憂鬱ですよね。とくに大型連休明けともなると……。前回、社員たちから楽しい休日をプレゼントしてもらった牛山社長。連休明け、牛山社長からはどんなお返しが待っているのでしょうか!? …

「いつまでこんな生活続けるの?」と言われるけど、僕はこの生き方を貫きたい――“自転車冒険家”「僕が自転車で世界を旅する理由」 season1

10年間で27ヵ国、80,000kmを自転車だけで走り抜けた男がいる。その名は西川昌徳(33歳)。 世界各地の旅先で自力で水や食べ物を確保し、寝る場所を見つけテントを張る。パンクなど日常茶飯事。時には命の危険を感じるトラブルに遭遇することもある。それでも…

やってはいけない「励まし方」、効果的な「励まし方」

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第17回目は「やってはいけない励まし方・人を育てる効果的な励まし方」についてです。 ▲「先輩、実は相談が…」どう…

この「勉強法」は、やってはいけない~無謀な勉強編~

「資格の大原」でおなじみ、大原学園で講師を務めた経験をお持ちで、『30代で人生を逆転させる1日30分勉強法』著者でもある石川和男さんに、失敗しない社会人の勉強法、特に今回は「ついやってしまいがちな“無謀な勉強”」について教えていただきます。 皆さ…

ドラッカーが「自分で自分の反対者になれ」と言ったワケとは?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第10回の今回は、「対立意見の必要性」についてです。 【P…

デキる人になりたければ、常に「第一志望」を目指しなさい

いつもお世話になっております。元銀座でクラブホステスをしておりました藤島佑雪です。唐突ですが、問題です。 あなたはレストランでどちらのメニューを選びますか? A 高いけれども食べたいもの B そこまで食べたいわけでもないけれどお得なセット デキる…

座りたい!ああ座りたい、座りたい!!首都圏で増加する有料座席電車の最新トレンド

毎朝、家を出るたびに憂鬱になる「通勤電車」。 「また今日も、あの“満員地獄”に身を浸りながら体力を消耗するのか…」 ビジネスパーソンのハードルの一つでもある、通勤電車。その快適性改善に向けて、ここ最近、JRや首都圏の大手私鉄各社が注力しています。…

【俺の行きつけ】金儲けよりも“人儲け”。五反田の串焼き屋「日南」

人間関係でつまづいたとき、誰かにエネルギーをもらいたいとき、そして仕事のヒントを得たいとき…そんな時に気軽に飲みに行ける「行きつけ」を持っていますか?リクナビネクストジャーナルでは、いろんな業界の第一線で活躍するビジネスパーソンの「俺の行き…

なぜ「聞き流す」だけでは、英語リスニング力は上がらないのか?

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)や『英語を「続ける」技術』(かんき出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」について…

ばかばかしいぐらい小さい目標が大きな成果に!「小さな習慣」のススメ

資格の勉強をしよう、運動を始めよう…そう強く決意するのに、続けることができずに挫折してしまった経験はありませんか?『小さな習慣』では、「新たな習慣にしたい」と思っている行動を、もっともっと小さくすることを勧めています。今回は、本書の中から「…

【マンガ】出世する人になりたければ、「シェアハウス」に住んでみよう

こんにちは。しりもとです。通勤時間が短ければ、朝もゆっくり寝られるのに…。それならば、会社の近くに住んでしまいましょう。 >> 過去の作品一覧はこちら 著者:しりもと 絵や漫画など描いています Twitter:@SHIRIMOTO

エッジの立った社員を生かして「働きがいナンバーワン」――アスペルガー傾向と向き合うIT企業の仕組みとは

「GPTW(Great Place To Work)インスティテュート」の働きがいのある会社ランキング、従業員100人未満の部門で“2年連続日本一”に輝いた横浜市のIT企業、アクロクエストテクノロジー株式会社。同社は、ユニークな社内制度を数多く整備していることで広く知ら…

“親密な関係”を作りたいなら、「ユー・クエスチョン」を使いこなせ

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第16回目は「親密な関係を相手と作りたいときの会話のコツ」についてです。 人に要望を伝えたい時や、動いてほしい…

1日でも早く「仕事ができるようになる」ための3つの質問

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、「ビジネスパーソンの仕事への向き合い方」についてお話しいただくこのコーナー。第11回の今回は、「仕事が…

妻(夫)への不満の原因は「◯◯すべき」にあった?――山口拓朗の「夫婦円満法」

今年で結婚20年目。2度の離婚危機を乗り越えて、今ではお互いが相手を認めて応援し合い、それぞれのビジネスを発展させている山口拓朗さん、朋子さんご夫婦。拓朗さんは文章の専門家として、これまでに著書を10冊以上出版。奥様の朋子さんは主婦の起業を支…

「どこでもオフィス」「週休3日制」…ヤフーが目指す理想の働き方とは?

インターネット企業大手のヤフー株式会社は、近年積極的に「働き方改革」に取り組み、新しい働き方を提示しています。2016年10月、新たに本社オフィスを構えた東京ガーデンテラス紀尾井町には、日本最大級のコワーキングスペース「LODGE」を開設したり、全館…

キンコン西野が説く! 現代社会を生き抜くキャリアのつくり方

27万部を超えるベストセラーになった絵本『えんとつ町のプペル』の制作、ニューヨークや日本各地での個展の開催など、従来の「お笑い芸人」の枠に囚われない多彩な活動を続けているキングコングの西野亮廣さん。芸人としてのこれまでのキャリアを振り返りな…

この「勉強法」は、やってはいけない~暗記編~

「資格の大原」でおなじみ、大原学園で講師を務めた経験をお持ちで、『30代で人生を逆転させる1日30分勉強法』著者でもある石川和男さんに、失敗しない社会人の勉強法、特に「やってはいけない暗記法」について教えていただきます。 前回、綺麗すぎるノート…

【マンガ】ワンマン社長は休日が嫌い!?(9)

こんにちは、イラストレーターのにぎりこぷしです。ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。 今回はウシヤマ工業の社員たちのゴールデンウィークの過ごし方をご紹介します。そしてワンマン社長、牛山はやっぱり一波乱起こします…… みなさんの休日の過…

子どもたちのために走り続ける…そう宣言したことで起きた奇跡的なドラマ――“自転車冒険家”西川昌徳の「僕が自転車で世界を旅する理由」 season1

10年間で27ヵ国、80,000kmを自転車だけで走り抜けた男がいる。その名は西川昌徳(33歳)。 世界各地の旅先で自力で水や食べ物を確保し、寝る場所を見つけテントを張る。パンクなど日常茶飯事。時には命の危険を感じるトラブルに遭遇することもある。それでも…

人を動かしたいなら、「アイメッセージ」を使いこなせ

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第15回目は「人に動いてもらうための伝え方」についてです。 「なんでこんなところに、この大事な書類を出しっぱな…

職場の「年上女性」にウンザリ…どう対応すべき?

働く女性からのご相談。「同じ部署の、40代の女性上司とのコミュニケーションに悩んでいます。その方は感情的なところがあり、その時の気分や人に対する好き嫌いで対応が変わります。一番憂鬱なのは毎月のランチ会です。…」さて、のべ1,000人の女性達のキャ…

どうすれば「ワーク」と「ライフ」を両立できるのか?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、「ビジネスパーソンの仕事への向き合い方」についてお話しいただくこのコーナー。第10回の今回は、「ワーク…

デキる人になりたければ、「メール件名」を整理整頓しなさい

わたくし、銀座のホステスを上がってこの方、いろいろな方とお仕事のメールをさせていただいて、ある法則を見つけました。題して「デキない方は件名が違う」法則です。 たとえば、最初は原稿依頼の内容で件名が「原稿の件」だったとするじゃないですか。お互…

【Excel作業の最速化を目指して覚えておきたい】上司のダメ出しに対抗する「5つの備え」

ビジネスパーソンにとってエクセルは必須のツール。しかし、苦手意識を持っていたり、なかなか効率的に作業が進められないと不満を持っていたりする人も多いのではないでしょうか。なかには、「Excelへの理解が足りない上司からのダメ出し」をその理由だと感…

仕事でモテる男はなぜ、「シャンプー」にこわだるのか?

近ごろ男性ビジネスパーソンの間で「メンズ美容」への関心が高まっています。スキンケアやニオイケア、ひいては身だしなみをきちんとしたいと考える大人の男性たちが増えているのです。そんな彼らに日々アドバイスを求められているのが、メンズ美容家・山川…

「保険は大嫌い」から保険相談ショップを多店舗展開する経営者へ――アセットガーディアン株式会社 代表取締役 内野道雄さん【起業家たちの選択と決断】

約35社の保険商品を扱う保険相談ショップ「保険 de あんしん館」などを展開するアセットガーディアン株式会社。その創業者である代表取締役・内野道雄さんは、大学卒業後、商社に入社。新人時代に強引な保険セールスを受けた経験から「保険が大嫌いだった」…

デキる人になりたければ、「ネガティブ思考」をうまく活用しなさい

何を隠そう、あらゆることに対して「ネガティブ思考」の代表と言って過言ではない【修羅ガール】です、こんにちは! 私、障害のハンデがあるだけに、ネガティブ=不安と常に戦い、「どうしたらもっとうまく立ち回れるか」、相手が「どんな人なのか」を見る目…

「文春砲」の裏にある緻密な仕事術とは?『週刊文春』編集長が語る、仕事の奥義

週刊文春の編集長が先ごろ、自らの「仕事術」を書籍化し、話題となっている。その「仕事術」とは具体的にどんなものなのか、そして若手ビジネスパーソンにどう活用してほしいのか、編集長の新谷学さんに語ってもらった。

【マンガ】デキる人が、リモートワークで「気をつけている」3つのこと

こんにちは。しりもとです。場所を選ばず仕事ができるリモートワークは魅力がありますね。オフィスとはまた違った経験が得られるかもしれません。 >> 過去の作品一覧はこちら 著者:しりもと 絵や漫画など描いています Twitter:@SHIRIMOTO

「母親の顔」のまま、バリバリ働く――島根のワーママが活用する「子ども同伴出勤制度」とは?

親が仕事をしている間、子どもも職場で過ごせる「子ども同伴出勤制度」を導入している老人ホーム「サンガーデン 輝らら☆」(島根県浜田市)のリポート。制度創設の経緯や狙いなどをうかがった前編に引き続いて、今回は実際の様子と、制度を利用している親子…

こんな「TOEIC試験対策」は、やってはいけない

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)や『英語を「続ける」技術』(かんき出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」について…

ドラッカーと「キャズム理論」の共通点とは

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第9回の今回は、「コップの水」理論についてです。 【P・F…

迷宮組曲、マイティボンジャック…ファミコンから「メディアリテラシー」を学んだ | スマートニュース 松浦茂樹さん

1983年7月に発売されて国内の累計販売台数は約1935万台、テレビゲーム機として革新的成功をおさめた、ファミコンこと「ファミリーコンピュータ」。当時、「ウソ技(テク)」「クソゲー」「ゲームは一日一時間」「抱き合わせ」「借りパク」といった用語を生み…

デキる人は、やっぱり「メモ魔」だった――メモのもたらす5つの効果

働くすべての人におすすめしたいメモの習慣 「行動力がある人」「話や文章がうまい人」「企画力がある人」「判断力や決断力がある人」など、いわゆる“仕事がデキる人”には、「メモ魔」が少なくありません。彼らは自分で見聞きした事柄や、頭に浮かんだアイデ…

一流営業パーソンになれるかどうかの「4つの分かれ目」とは?

「一生懸命頑張っているのに、なかなか営業成績が伸びない」「ノルマ達成が精いっぱいで毎月へとへと」「断られたらと思うと飛び込み営業なんて怖くてできない」 会社の売上を握っている営業パーソン。いわば生命線を背負っている存在ですが、目先の売上目標…

みんな難しく考えすぎ。まずは、やってみることです――絵本・童話作家・きむらゆういち氏の仕事論

『あかちゃんのあそびえほん』は累計1200部、『あらしのよるに』は累計350万部とベストセラーを出してきたきむらゆういち氏。最初は全然売れなかったというが、何がヒットにつながったのか。そして、どうやってヒットメーカーとなったのか?

この「勉強法」は、やってはいけない

「資格の大原」でおなじみ、大原学園で講師を務めた経験をお持ちで、『30代で人生を逆転させる1日30分勉強法』著者でもある石川和男さんに、失敗しない社会人の勉強法、特に「やってはいけない勉強法」について教えていただきます。 あなたは、勉強のやり方…

疲れた、忙しい…ネガティブな「口ぐせ」をプラスに言い換えるには?

「あー疲れた」「しんどいなあ…」などの口ぐせ。「たとえ無意識に出た口ぐせであっても、ネガティブな口ぐせは感情に大きな影響を与え、どんどん自分の気持ちをマイナス方向に導いてしまう」と、臨床心理士の山名裕子さん。『幸せを引き寄せる「口ぐせ」の魔…

デキる人の「ビジネス朝食」レシピがこれだ!眠くなりにくい!包丁いらず&レンジでチン!

朝からバリバリと仕事がはかどる日の充実感ったらないですね!午前中は、脳にとっても大変効率のいい時間帯なのだそう。スターバックスのCEOのハワード・ショルツさんやアップルのCEOのティム・クックさん、ナイキのCEOのマーク・パーカーさんなど、デキるビ…

強盗に銃を向けられ、身ぐるみ剥がされ…それでも「こぎ続けたい」――“自転車冒険家”西川昌徳の「僕が自転車で世界を旅する理由」 season1

10年間で27ヵ国、80,000kmを自転車だけで走り抜けた男がいる。その名は西川昌徳(33歳)。世界各地の旅先で自力で水や食べ物を確保し、寝る場所を見つけテントを張る。パンクなど日常茶飯事。時には命の危険を感じるトラブルに遭遇することもある。それでも…

周りから「応援される人」が大事にしている“たった1つのこと”

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第14回目は「周りから応援される・賛同してもらえる人が大事にしていること」についてです。 私は、上京してから34…

76年連続増収。エクセレントカンパニーの秘密とは?――「元気な外資系企業」シリーズ〜第5回ジョンソン・エンド・ジョンソン

大きな変革の時代。企業でも、さまざまな取り組みが進む。では、海外に本社を持つ外資系企業では、どんな取り組みが推し進められているのか、探ってみる外資系特集企画。第5回は、ジョンソン・エンド・ジョンソンの「経営理念」だ。 実は一般消費者向けは売…

ドラッカーが説く「コップの水」理論とは?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第8回の今回は、「コップの水」理論についてです。 【P・F…

コスパ良し!出張・旅行で使いたい「おすすめホテル」4選(京都編)

暖かくなり、これからハイシーズンを迎える京都。観光で訪れるときはもちろん、急な出張でも悩みのタネとなるのがホテルの確保です。せっかく京都に来たのだから快適なホテルに泊まりたい、けれど価格は抑えたい……。 そこで今回はホテル評論家・瀧澤信秋さん…

ターミナル駅なのに西武新宿駅が「微妙な場所」にある理由

「都心のターミナル駅」と聞いて、どんな駅を思い浮かべますか? 東京駅や大阪駅、名古屋駅や新宿駅など都心の中心地に立地し、JR/民鉄/地下鉄含め各路線が多数乗り入れている駅をイメージするのではないでしょうか。 しかし、中には“少しずれた場所”に立地…

イクメンが子供と留守番して気が付いたこと

イクメンとなるため、独立したハブチンが、一日妻を自由にするため、初めて子どもとふたりっきりでお留守番を決行。はじめてのお留守番を通じて気づいたのは、いかに自分が一部の仕事だけしていたことと、それでさも仕事をしていた感を醸し出していたことで…

成果が上がる! スポーツドクターに聞くたったひとつの「心の整え方」

ビジネスパーソンの誰しもが、「心の状態」によって仕事の質や効率が左右された経験があるのではないでしょうか。取引先から褒められた後はなぜか作業がはかどったり、上司から小言を言われた日には落ち込んで何も手がつかなかったり……。せっかく仕事をする…

【マンガ】仕事の能率を上げる!最強のAI活用術

こんにちは。しりもとです。 人工知能なんて、自分とは関係のないもの…と考えていませんか?気づかないうちに、あなたの生活を侵食しているかもしれません。 >> 過去の作品一覧はこちら 著者:しりもと 絵や漫画など描いています Twitter:@SHIRIMOTO

子どもと一緒に職場へ行くと、仕事にも教育にもプラスなんです――島根のワーママが活用する「子ども同伴出勤制度」とは?

都市圏を中心に保育園が不足していることもあり、託児所を設けるなどした職場に子どもを連れて出勤するお母さん・お父さんが時々メディアに取り上げられています。仕事に専念できるよう、子どもは親と隔てられた場所で過ごすことが多いようですが、豊かな自…