Job Gallery
回路設計
インタビュー くわしく見る
回路設計はキカイの言葉を理解する翻訳家だ 志村 義彦 さん(仮名)
PROFILE 志村 義彦 さん(仮名)
年齢 32歳
学歴 工学部電子工学科卒業
住まい 寮住まい(独身)
趣味 株などの投資、国内旅行
職歴 大手電機メーカーに8年
座右の銘 なせばなる。なるようになる。
血液型 AB型
星座 しし座
職場の雰囲気は? 文化系 理科系 体育会系
あなたのタイプは? 文化系 理科系 体育会系 【年収】700万円
どんな仕事?
人間の言葉をコンピュータの言葉に移し替え、翻訳する
コンピュータの箱を開けてみると、中には緑色の基盤に、小さな半導体回路がズラリと並んでいるのが目に入るはずだ。この半導体回路の中には、90ナノメートルの幅で配線が張り巡らされているのだが(ちなみに1ナノは10億分の1ミリ)、一体、そのようなミクロの世界をどのように設計していくのだろうか? 大手電機メーカーで回路設計に携わる志村さんに話を聞いた。

「パソコンで作業する人もいますが、私は紙とエンピツで設計をします。初期の段階では、回路にどのような命令を与え、どのように動作させるかという論理的な作業だから。パソコンにしかできないような複雑な計算は、この段階では必要ないんです。まずは、依頼主からその回路がどのような動作をすべきなのかが書かれた『動作仕様書』を受け取るところから仕事がはじまります」

例えばそれが、メモリにつながるLSI回路だとすると、入ってきたデータを記憶し、あるいは記憶したデータを取り出すというような動作を、どのようなプロセスを経て実行させるかを論理的に組み立てる。これを『機能仕様書』という文書にまとめて依頼主に提出するが、一発でオーケーが出るということは滅多にないんだとか。

「『動作仕様書』が人間の言葉で書かれたものだとすると、『機能仕様書』はそれをコンピュータにも理解できる形で書かれています。人間の言葉からコンピュータの言葉に翻訳する過程で、依頼主の要望がかなえられない部分も出てくるんです。ですから、依頼主の意図を推し量り、『動作仕様書』の行間を読む推理力とヒアリング力が求められるんですね」
「職業病だなぁ」と思うとき
何かにつけてリスト化する
何かにつけてリスト化するイラスト
何でもリスト化して考えるのは、設計士のクセですね。あと、会話にカタカナ用語が多いことも知人にはよく指摘されます。
求められる能力は?
世界の市場を相手に最先端技術を吸収するのがひと苦労
設計した仕様書にゴーサインが出ると、次は実際にコンピュータで動作させ、それが要求通りにちゃんと動くかを検証する。

「この検証作業には通常、設計する時間の3倍もの時間をかけます。時間をかければかけるほど誤差は限りなく0に近くなりますが、どこまで精度を上げるかはケースバイケース。例えば、銀行の預金管理をするコンピュータの場合はより高い精度のものが求められますが、インターネットのデータを格納するためのサーバーなど、技術革新のサイクルの早い製品の場合は、より早く仕上げることが優先されるわけです」
こうした基幹系業務システムの市場は世界規模だ。国内の限られたメーカーと競合するだけではなく、海外の最大手企業としのぎを削る。

「現在、半導体技術の最先端では90ナノメートルの精度で設計することができますが、2年後の次世代には65ナノ、さらに4年先には45ナノの精度が実現できる時代が来ると言われています。今、われわれが設計しているのは、だいたいそのあたりの2世代先の製品なんです。現在の技術を使って、未来の世代の製品を作ろうとしているわけですね」

こうした最先端の技術を学ぶためのテキストは、書店の専門書コーナーに並んでいないのが大変なところで、学会論文や米国の半導体メーカーの規格書など、海のものとも山のものともつかない文書を読み漁って技術を吸収するしかないんだとか。
この仕事のやりがいは?
どんな要望にも応えられるという自信が何よりの誇り
コンピュータの部品となる回路の「新製品」は、通常2〜3年くらいの長いスパンで生み出される。こうした製品は、家電製品などと比べて使いやすさやデザインのよさなどが問われるのではなく、いかに壊れにくく、精度の高いものを作るのかが問われる。

「職場では、半年に一回、上司から査定される時期があって、われわれはそこで業務目標を提出します。例えば『今担当している製品をキチンと仕上げる』といった目先の目標から、『未来の技術を学んで設計に生かす』といったチャレンジングな目標までを自己設定して、それをクリアできたかどうかで会社から査定されることになります」
この仕事を 漢字一文字で表現すると…
勘
回路設計は、論理の整合性が何より重んじられますが、「ヤバイな」と思ったりしたことは往々にして正しいんです。そういう勘は経験から培われます。
また、自らが設計した回路の優秀性が認められ、量産版に採用されるときはやりがいを感じるという。

「つねに最先端の技術を扱う仕事なので、エンジニアとしての技術力がどの程度なのかがわかりにくい職種でもあります。ただ、依頼主の要望をどれだけ受け入れ、それを実現できるかといったことはつねに求められます。その意味では、さまざまな経験を積み、それを次の仕事に生かしていくことが何より大切なことなんですね」
FAQ 志村 義彦 さんへの一問一答
Q1.この仕事に就いた(転職した)動機は?
A 大学の専攻はソフトウェア理論で、もともとそちらの仕事がしたくて就職したんですが、その後、興味がより上流のハード開発のほうに移りまして。奥が深い世界なので、しばらくこの世界で働き続けることになるでしょう。
Q2.この仕事に就いて(転職して)よかった?
A 例えば、コンピュータに演算をさせて、その答えが出るのが早朝3時なんてときは、その時間に合わせて出勤するわけで、体力的にもハードな仕事です。ただ、それ以上に面白い部分もあることなので後悔はしていません。
Q3.この仕事、どんな人に向いている?
A 要領のいい人。目の前に問題を「大変だけど頑張ろう」と根性で乗りきろうとしないで、効率のいいやり方を探せる人。やり方ひとつで大きなビジネスチャンスを逃すこともありますからね。
Q4.これからこの仕事を目指す人へアドバイス
A この仕事をやるからには、「仕事のことを考えるのは勤務中だけ」という姿勢ではダメで、誰もがみな四六時中、コンピュータのことについて考えたりしているものです。何より大切なのは、好奇心なのかもしれません。
回路設計の 求人を探してみる
回路設計に関連したキーワードから求人を探す
緻密な作業 論理的設計 検証を重ねる
回路設計を くわしく見る

「今すぐ転職」にも「いつかは転職」にも即・お役立ち!リクナビNEXTの会員限定サービスに今すぐ登録しておこう!

1転職に役立つノウハウ、年収・給与相場、有望業界などの市場動向レポートがメールで届きます

2転職活動をスムーズにする会員限定の便利な機能

・新着求人をメールでお届け

・希望の検索条件を保存

・企業とのやりとりを一元管理など

3匿名レジュメを登録しておくとあなたのスキル・経験を評価した企業からスカウトオファーが届きます

会員登録し、限定サービスを利用する

※このページへのリンクは、原則として自由です。(営利・勧誘目的やフレームつきなどの場合はリンクをお断りすることがあります)