トップへ戻る
  • 営業職
  • 事務・企画職
  • 店長候補・サービス職
  • クリエイター職
  • エンジニア職
  • 番外編

転職着こなし30点

やりがちなミス ●流行を意識したアイテム ●スニーカー ●普段使いのシャツ Check!

Before 自分らしさをウリにしたほうが強いんじゃないの?

Before:
面接はおしゃれ合戦の場にあらず!
“個性的”も一歩間違えると…

マニアックな格好も許されるクリエイティブ系。ココはガツンと!という気合はわかりますが、あまり奇をてらった服装、攻撃的なスタイル、カジュアルすぎる格好は嫌われます。この場合、エコバッグは間違いなくアウト。場にそぐわぬスタイルは、コミュニケーション能力の欠如とみなされるので注意して!

After:
何事もやり過ぎた時点でNG。
微妙なさじ加減にとどめて

クリエイティブ系で魅せるなら、目立つこと、個性的なことよりも、自分の感性=センスを押し付けがましくなく感じさせることが重要。面接はお互いの距離が近い分、さりげない色合わせと素材感で、雰囲気や質感を演出できればよし! 比較的自由度が高いので、ジャケットとパンツの組み合わせや靴のデザイン、小物で遊びや流行を取り入れるのもアリ。ポケットチーフを使う場合はベーシックなものを“気を使ってる”程度にチラ見せするのが◎。普通のハンカチのように折りたたんで、ポケットから見える程度は1cm以内にして。何事もやり過ぎ、頑張り過ぎはNG。何をどの程度取り入れるかは、自分と会社のカラーをよく見て決めよう。

After

人事担当者の立場からもチェック

就職Shop上田友子さん

Beforeのエコバックは見るからに不自然。打ち出したい「個性」は、面接の内容で伝えることをオススメします。Afterは華がありますが、いかにも…といった印象に取られる可能性も。会社により好き嫌いがあると思うので、事前に会社の雰囲気を含めて察知しておくことが大事。それも1つのコミュニケーション能力かもしれません。

会員登録がまだの方

会員登録(無料)

会員登録がお済みの方

「今すぐ転職」にも「いつかは転職」にも即・お役立ち!リクナビNEXTの会員限定サービスに今すぐ登録しておこう!

1転職に役立つノウハウ、年収・給与相場、有望業界などの市場動向レポートがメールで届きます

2転職活動をスムーズにする会員限定の便利な機能

・新着求人をメールでお届け

・希望の検索条件を保存

・企業とのやりとりを一元管理など

3匿名レジュメを登録しておくとあなたのスキル・経験を評価した企業からスカウトオファーが届きます

会員登録し、限定サービスを利用する

※このページへのリンクは、原則として自由です。(営利・勧誘目的やフレームつきなどの場合はリンクをお断りすることがあります)