直前チェック!面接Q&A28
現在の仕事に関する質問
仕事の志望動機に関する質問
雇用条件に関する質問
Q & A こんなときはどうする?
●転職理由に関する質問
会社の志望動機に関する質問
人事担当者への質問の仕方
目次へ
 
*面接前にそれぞれの質問項目について自分なりの回答を考えておこう。
転職理由に関する質問
Q6.転職を決意した理由は何ですか?
採用しても同じような理由で辞めてしまうようなことにならないかを確かめることが狙い。目標達成のためなど前向きの姿勢をアピールしよう。
▼ここを整理
転職したいと思ったきっかけは何か。
不平・不満を自分なりに解決しようと努力したか。
周囲とのコミュニケーションはうまくいっていたか。
まじめに仕事に取り組んできたか。
あなたはどう答えますか? 回答例
Q7.将来の夢についてお聞かせください
目標をしっかり持つ人は、仕事にも張りがあっていいというのが会社側の読み。 できれば仕事上のキャリアプランに結びついた夢や目標を語りたい。
▼ここを整理
仕事上の目標として何を実現したい?
自分の手でつくり上げてみたいと思う製品は何か。
将来的に、どのようなキャリアを身につけ、どんな役職を目指したいのか?
ライフワークとして取り組みたい仕事があるか。
あなたはどう答えますか? 回答例
Q8.どうしてこの業界を選んだのですか?
業界の知識、研究の跡を探り、仕事選びの動機の裏づけを取るための質問。 異業種からの応募者に対しては、安易な仕事選びをチェックするのが目的。
▼ここを整理
業界の特徴は何か。現在どんな動向が見られるか。
希望職種は、業界内ではどんな位置づけか。
業界の主な商品、製品にはどんなものがあるか。
あなたはどう答えますか? 回答例
Q9.一貫して追求してきたテーマは何ですか?
専門分野の中でも、特に興味のあるテーマを聞く質問。 応募者からすれば、最も自己PRしやすい質問だ。
▼ここを整理
整理したPRポイントを思い出して。
応募先との関連性を考慮。
あなたはどう答えますか? 回答例
Q10.将来どんな役職に就きたいですか?
マネジメント志向か、プロフェッショナル志向かを探ろうとする質問。 どちらにしても、その理由を具体的、かつ前向きにアピールすることが重要。
▼ここを整理
マネジメント志向なら今までの経験と業績、プロフェッショナル志向なら今までの経験と身につけたスキル。
将来の自分を具体的にイメージ。
あなたはどう答えますか? 回答例
▲上へ

最初へ 前へ 次へ

面接ノウハウを押さえたら、スカウト登録もしておこう

スカウト登録をすると、自分のキャリアをレジュメとして保存・管理することができ、応募の際にも便利です。また、登録レジュメを見た企業から、あなた宛にオファーが届くことも。スカウト登録であなたの転職の可能性を広げましょう。

スカウトに登録する

会員登録がまだの方

会員登録(無料)

会員登録がお済みの方

「今すぐ転職」にも「いつかは転職」にも即・お役立ち!リクナビNEXTの会員限定サービスに今すぐ登録しておこう!

1転職に役立つノウハウ、年収・給与相場、有望業界などの市場動向レポートがメールで届きます

2転職活動をスムーズにする会員限定の便利な機能

・新着求人をメールでお届け

・希望の検索条件を保存

・企業とのやりとりを一元管理など

3匿名レジュメを登録しておくとあなたのスキル・経験を評価した企業からスカウトオファーが届きます

会員登録し、限定サービスを利用する

※このページへのリンクは、原則として自由です。(営利・勧誘目的やフレームつきなどの場合はリンクをお断りすることがあります)