学生時代のサークル活動から新卒時代の研修まで「キャリア」に

第二新卒のための「はじめて書く職務経歴書」

「職務経歴書を書けっていうけど、2〜3行しか書けないよ」と困ってしまう第二新卒の人は多いだろう。
だが、今まで経験してきたことをじっくり思い出し、それを整理することでアピールできる要素はたくさんあるのだ。

  1. 1.社会人2年生でも立派な職務経歴書を作るぞ!
  2. 2.物怖じしない性格だといわれています
  3. 3.状況に応じた判断もできます
  4. 4.また、経営にも興味があります

何をやったかと、それをどう解釈するかで職務経歴書は変わる!あ、このマンガは見習わないでね。

キャリアアドバイザー
小林智明氏

■プロフィール
個人を対象にしたキャリア形成および転職支援コンサルティングのほか、企業向けの人材育成コンサルティングで多数の実績をあげている。また、キャリア気付き研修のファシリテーターや能力開発トレーナーとしても活躍中。

書くことない!なんて悩んでない?実はたくさんあるキミのスキル要素

「そもそも職務経歴書は、単にこれまでの経歴を個条書きに書いた書類を指すのではありません」というのは、キャリアアドバイザーの小林智明氏。職務経歴書は、転職の動機や意気込みを伝え、自分がどんな人物かを有効にアピールするものであるはずだ。「その意味で有効な職務経歴書を書くには、以下のふたつのステップを踏んで作成するといいでしょう」。

第一段階:新人時代の研修や初めての得意先回りを思い出してみて!

まずやるべきなのは、自分が今までやってきたことを書きだしてみること。「えー!でもたいしたスキルもキャリアもないし…」なんて悩むことはない!誰にでもある学生時代のサークル活動や、新人時代の研修期間に何をやったか、を思い出していくだけでいい。「でも、学生時代のことも書いちゃっていいの?」というヒト、書きようでなんとかなるもんです!具体的な方法はこの後のページを見てみて。

第二段階:その経歴、解釈のしかたでアピールポイントになる?

次は、ズラリと書きだした経歴の中から、「転職の動機や意気込み」、「自己アピール」の要素につながるものを抽出して、ブラッシュアップすること。この段階で職務経歴書用に書き直しちゃうワケ。ポイントは長すぎず、短すぎず。個条書きに時系列で表記してもいい。「書き直す…っていわれても、自分の貧弱なキャリアを果たしてうまく変換できるもんだろうか?」、なーんていうヒトはこの後のページをよく読んでみて。自分にも当てはまる書き方ノウハウがきっと見つかるはず。

会員登録がまだの方

会員登録(無料)

会員登録がお済みの方

「今すぐ転職」にも「いつかは転職」にも即・お役立ち!リクナビNEXTの会員限定サービスに今すぐ登録しておこう!

1転職に役立つノウハウ、年収・給与相場、有望業界などの市場動向レポートがメールで届きます

2転職活動をスムーズにする会員限定の便利な機能

・新着求人をメールでお届け

・希望の検索条件を保存

・企業とのやりとりを一元管理など

3匿名レジュメを登録しておくとあなたのスキル・経験を評価した企業からスカウトオファーが届きます

会員登録し、限定サービスを利用する

※このページへのリンクは、原則として自由です。(営利・勧誘目的やフレームつきなどの場合はリンクをお断りすることがあります)