筆記試験の対策の立て方
POINT !
1. 筆記試験は面接を補完するもの
2. 書類や面接ではわからない能力が試される
3. 筆記試験も面接とともに自己アピールの重要な場となる
筆記試験対策は日ごろから万全に
筆記試験はいくつかのパターンに分けられる。会社サイドはどんな試験で、受験者のどんな面を見たいのか。 そして対策には、どんなものがあるのかを下表にまとめてみた。この中から、企業は欲しい人材を的確に探し出せる試験を選び、さらに業界や業種、社風なりの工夫がなされているのだ。
ところで、ほとんどの企業が、面接を採用時に最も重視する。筆記試験は、この面接を補完するために使われている。 つまり、面接だけではわからない能力が受験者に秘められていないかと、人材発見に各企業とも真剣に力を注いでいるといえる。 自分を幅広くアピールするため、筆記試験の対策を日ごろから行うことが、よい転職先と出合う第一歩だ。
■あなたの実力はこんなに多くのポイントでテストされる
知識試験
■「専門試験」 の見られるポイント
業界特有の試験
・語学(英語) ・金利計算 ・電気や物理 ・プログラミング
業界ごとの特殊な知識、能力・・・・・・・・・など
対策
同職種への転職なら、今までのキャリアを整理して、その職場にはどんな能力が必要なのかを明文化してみる。 その上で重要と思われる能力を、他人に説明できるように再度整理し直す。わかっていると思っている事項が、案外と試験では書けないものだ。また、あまりにも仕事が特化しすぎている場合は周辺知識についても、確認しておくべきだ。
■「一般教養・常識試験」 の見られるポイント
時事問題
・政治 ・経済 ・国際情勢 ・地理(地名など)
教養試験
・常用漢字 ・金言 ・文学
論作文
・構成力 ・緻密さ ・論理性 ・丁寧さ ・表現力・・・・・・・など
対策
これらの知識は、長年にわたる地道な努力によって培われるものだ。ただし、あきらめては何にもならない。時事問題については、当然新しいものが出題されるので、新聞のダイジェスト版や、市販の時事問題集、年鑑などを読むのもいいだろう。 漢字試験についても、市販の就職用の問題集で、頻出の問題を中心に一通りこなしておこう。
能力適性検査
■「基礎能力」 の見られるポイント
「知識を吸収したり応用したりするための知的適応能力」 「新しい環境、新しい課題にぶつかったときに、合理的に思考し、目的に沿うように行動し、効果的・能率的に課題を処理していく能力」「語いや文章の理解力、数量データの処理力、論理的な思考・推理力、知覚の速さ・正確さ」・・・など  
対策
一般に知能テストと呼ばれている試験に似た問題が多い。対策としては、市販の公務員試験問題集、中でも教養試験の文章理解、判断推理、数的推理、空間把握といった問題を解くのが有効だ。
性格適性検査
■ 見られるポイント
創造性 成長欲求 不確実性耐性 決断力 バイタリティー 計画力 達成意欲 責任感 協調性 誠実性 交渉力 感受性 ストレス耐性
 
・・・・・など
対策
適性検査に対策というものは特にない。落ち着いて、素直に書けば、よくも悪くもそれが“正解”といえる。 というのも、無理に自分をよく見せても面接時に必ず馬脚を現してしまうからだ。また、仮に採用されたとしても、その職業が、あなたの適性に合っていないとなると、企業側もあなたの側も、お互いに不幸になるだけだ。
▲上へ

会員登録がまだの方

会員登録(無料)

会員登録がお済みの方

「今すぐ転職」にも「いつかは転職」にも即・お役立ち!リクナビNEXTの会員限定サービスに今すぐ登録しておこう!

1転職に役立つノウハウ、年収・給与相場、有望業界などの市場動向レポートがメールで届きます

2転職活動をスムーズにする会員限定の便利な機能

・新着求人をメールでお届け

・希望の検索条件を保存

・企業とのやりとりを一元管理など

3匿名レジュメを登録しておくとあなたのスキル・経験を評価した企業からスカウトオファーが届きます

会員登録し、限定サービスを利用する

※このページへのリンクは、原則として自由です。(営利・勧誘目的やフレームつきなどの場合はリンクをお断りすることがあります)