今すぐ転職したい人にも、そうでない人にもメリットあり!

スカウトを使わないなんて、モッタイナイ!

匿名レジュメを登録すると、企業や転職エージェントからオファーが届く「リクナビNEXTスカウト」。「自分で探したいから」「面倒くさいから」などの理由で、登録を見送っている人はいませんか?だとしたら実にもったいない!転職方法の一つとして、市場価値を図る手段として、スカウトの活用範囲はとても広いのです。

2010年2月24日

【モッタイナイ1】「自分の手で探したい」から登録しない

非公開求人のオファーが増加中。自分では探せない求人と出会うチャンスがある!

「自分の希望に沿った求人を自分の手で探す」はもちろん基本ではありますが、スカウトを併用すれば、転職の選択肢はぐっと広がります。
スカウトには、求人サイトには掲載されない非公開求人のオファーがあるのが特徴。そのオファー件数がここ最近増加傾向にあり、自分では探しきれない求人と出会える可能性が高まっています。また、自身の経験やスキルが思わぬ業界・職種から評価され、オファーが来るケースもあります。思ってもみなかったキャリアが開けるかもしれません。
なお、仕事が忙しくて求人情報を検索する暇がない時に、企業側からオファーが来るので、効率的に求人が探せるのもスカウトのメリット。公募とスカウトの併用が、今の転職活動のスタンダードなのです。

思わぬ求人に出会えるかも!

【モッタイナイ2】「今すぐ転職する気はない」から登録しない

自分の強みと市場価値がわかるので今後のキャリアの磨きどころがつかめる!

今すぐ転職する気はなくても、世の中の動向を知ることは、社会人としてプラスに働くことも多いはずです。レジュメが企業に検索された回数や、登録者全体の中でのランキングがわかるので、転職市場における自身のキャリアの「相対的な価値」が理解できますし、今どんな業界が採用に動いているのか…など、企業や世の中の動きもつかめます。
また、オファーがくればその文面から、自身のスキルや経験の中で何が評価されているのか気づけるのもメリット。自身の強みを理解し、それを伸ばす努力をすれば、さらに市場価値が高まる…という好循環が生まれます。

【モッタイナイ3】「どうせ自分にはオファーが来ない」から登録しない

職種によって差はあるが、レジュメを充実させればオファーの可能性は高まる

確かに、オファーはすべての登録者に届くわけではありません。人材が不足している業界や職種であれば、多くのオファーが送信されますが、求人ニーズの波によってオファーの送信数が比較的少ない業界・職種もあります。また、個々の企業の条件に合った登録者に送られるので、企業の条件設定度合いによっても送信数は異なります。
毎月の「スカウトランキング」を見れば、職種ごとにオファーが届いている人の属性がわかるので、ある程度の相場観がつかめます。それを参考に、登録を検討してもいいでしょう。
とはいえ、「モッタイナイ2」でも紹介したように、転職手段以外にも活用余地が広いのがスカウト。転職相場には波もあるし、オファーの状況は刻々と変わるもの。憧れの企業が採用を始めたときに、もしかしたらあなたにオファーが届くかもしれません。登録しておいて損はありませんよ。

あなたの可能性、チャンスを逃さない。
リクナビNEXTスカウトは社会人の「保険」のようなもの!

転職活動をしている人にも、転職を考えていない人にもメリットがあるのがリクナビNEXT。まずは登録してみましょう!

スカウトに登録する

EDIT&WRITING
伊藤理子
ILLUST
もりいくすお

会員登録がまだの方

会員登録(無料)

会員登録がお済みの方

「今すぐ転職」にも「いつかは転職」にも即・お役立ち!リクナビNEXTの会員限定サービスに今すぐ登録しておこう!

1転職に役立つノウハウ、年収・給与相場、有望業界などの市場動向レポートがメールで届きます

2転職活動をスムーズにする会員限定の便利な機能

・新着求人をメールでお届け

・希望の検索条件を保存

・企業とのやりとりを一元管理など

3匿名レジュメを登録しておくとあなたのスキル・経験を評価した企業からスカウトオファーが届きます

会員登録し、限定サービスを利用する

※このページへのリンクは、原則として自由です。(営利・勧誘目的やフレームつきなどの場合はリンクをお断りすることがあります)