転職活動やることリスト

転職活動やることリストの目次へ

円満に退職しよう

引きとめられたり引き継ぎが進まなかったりと、思わぬ事態が起こることも。トラブルを防ぐためにも退職の「コツ」を知っておこう。

内定後の流れと注意点をチェックしよう

[内定・退職の意思表示/2カ月前]

  • 内定通知を受けたら、お礼と入社意思を伝える。
  • 直属の上司に、退職を申し出る。いきなり退職願を提出するのはNG。
  • 退職までのスケジュールを組む。

[退職願を提出する/1カ月前]

  • 退職願の書式や提出のタイミングは、会社の規則に従う。

[残務整理・引き継ぎ/20日前]

  • 業務の手順や失敗しがちな注意点、トラブル時の対処法を文書で残す。
  • これまでにトラブルがあった場合、経緯をまとめておく。
  • 取り引き先の連絡先をまとめる。担当者の人柄なども添えるといい。

[退職のあいさつ/10日前]

  • 取り引き先やお世話になった人に退職のあいさつをする。
  • メールやはがきで送るあいさつ状の準備をする。

[退職準備]

  • 会社から貸与されたパソコン内のデータを整理する。
  • 会社に返却すべきものを返却する。
    健康保険証・身分証明書・IDカード・社員証・名刺・制服・データ・資料・文具などの備品・通勤定期券など
  • 会社から受け取るべきものを受け取る。
    年金手帳・雇用保険被保険者証・源泉徴収票・離職票など
  • 保険・年金・税金などの変更手続きをする。
  • 必要であれば、財形・住宅ローンなどを組みかえる。

こんなときどうする? 退職時のピンチ脱出法

●強く引きとめられた!

上司が了承しない場合は、部長や人事に直接伝えよう。それでもダメなら、労働基準監督署に相談する手も。民法では、退職の意思表示から2週間で退職してもよいとされている。

●上司に転職先の社名を聞かれた!

しつこく聞かれても、転職先の社名を教える義務はナシ!教えたくない場合は「転職してから、あらためてごあいさつに伺います」などと濁しておこう。

転職活動やることリストの目次へ
ページの先頭へ

転職先にうまく溶け込もう

転職先にスムーズになじみ、活躍してこそ転職成功。新しい職場に歓迎されるために、好感度アップのポイントを心得ておこう。

こんな転職者は愛される

  • 初出社の日、誰よりも早く会社に来ていた。
  • 自分より年下のスタッフにも低姿勢であいさつしていた。
  • 仕事の説明を受けるとき、こまめにメモをとって熱意が伝わってきた。
  • 経験がある仕事でも、新しい会社のやり方を謙虚に吸収しようとしていた。
  • 歓迎会の宴席で、自分からお酒をついでまわっていた。

愛される転職者になるための心得7カ条

1.「前の会社では…」を連発しない。
2.コミュニケーションは自分から進んで。
3.相手によって態度を変えない。
4.前の会社や上司・同僚の悪口を言わない。
5.わからないことは素直に質問。
6.雑用も率先して引き受ける。
7.その会社での「常識」「非常識」に注意。

印刷用ページはこちら
転職活動やることリストの目次へ
ページの先頭へ
 
※PDFファイルをご覧になるには、閲覧ソフトウェアのAdobe Reader(無料)が必要です。右のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
※一部の古いバージョンのAdobe Readerでは、正しく表示されないことがあります。正しく表示されない場合は、右のボタン画像をクリックし、手順に従って最新版をインストールすることで症状が改善する場合があります。
Get ADOBE READER
DESIGN
ITコア
ILLUST
ニコ・ニコルソン

会員登録がまだの方

会員登録(無料)

会員登録がお済みの方

「今すぐ転職」にも「いつかは転職」にも即・お役立ち!リクナビNEXTの会員限定サービスに今すぐ登録しておこう!

1転職に役立つノウハウ、年収・給与相場、有望業界などの市場動向レポートがメールで届きます

2転職活動をスムーズにする会員限定の便利な機能

・新着求人をメールでお届け

・希望の検索条件を保存

・企業とのやりとりを一元管理など

3匿名レジュメを登録しておくとあなたのスキル・経験を評価した企業からスカウトオファーが届きます

会員登録し、限定サービスを利用する

※このページへのリンクは、原則として自由です。(営利・勧誘目的やフレームつきなどの場合はリンクをお断りすることがあります)