職種別の資格トレンドをプロに聞く 転職に効く資格
転職を考えるなら資格は取るべきか。「資格があると転職に有利?」をキーワードに、現在のトレンドや取得した資格のアピール方法などを資格事情に明るい3人に聞いた。
営業職編 事務職編 企画職編 クリエイティブ職編 技術職編(ソフトウェア・ネットワーク) 技術職編(電子・電気・機械)
転職に役立つ資格を判定してくれたアドバイザー
田中春秋氏 キャリア
カウンセリング協会
田中春秋 氏
「特定非営利活動法人キャリアカウンセリング協会」の事務局長を務める。個人のキャリア発達・キャリア開発支援を目的に活動。GCDF-Japan、キャリアカウンセラー・トレーナーの資格を持つ。
http://career-npo.org/
鶴巻百合子氏 リクルート
キャリア
鶴巻百合子 氏
人材紹介会社にて社外広報を担当。キャリアアドバイザーからヒアリングした転職活動に関するノウハウや転職市場における資格の価値などをご紹介いただいた。
http://www.r-agent.com/
服部孝大氏 ヒューマン
アカデミー
服部孝大 氏
就・転職をはじめ、キャリアアップのための実務知識習得や、各種資格取得のバックアップをする社会人スクールに勤務。自己確立のプロセスからキャリアプランまでを提案するセルフィングサポートカウンセラーとして活躍中。
http://haa.athuman.com/
営業職の資格取得の傾向
田中氏 傾向その1
具体的な営業実績を語れないなら資格を数字の代わりに
営業職の場合、企業は前職の実績や仕事内容に興味を持ちます。サポート業務が多かったりチーム制をとっていたりするなど、実績を具体的な数字で表しにくい人や成果を挙げるような場が持てなかった人は、数字の代わりに資格取得にチャレンジした功績をアピールしてください。難易度が高い資格ほど、自分を高める努力をした証として評価されます。(田中氏)
田中氏 傾向その2
都心以外の営業職なら普通自動車免許は必須
都心では特に支障はありませんが、都心以外で勤務するなら、外回りのために「普通自動車免許」が必要です。地方へ営業に行くときや地方に転勤になったときにも必要となります。毎回タクシーで回るわけにもいかないので、営業職なら最低限持っておきたい資格です。(田中氏)
田中氏 傾向その3
営業で効くのは名刺に書いておくと信頼感が増す資格
「証券アナリスト」や「ファイナンシャル・プランナー」などの資格を名刺に書いておけば、それだけでクライアントからの信頼度が増します。実際に使う機会は少なくても、「この人は知識がある」という印象を与えられるのは、営業職にとっては大きなメリット。特に若手営業職は見た目で判断されるケースがあるので、狙い目かもしれませんね。(田中氏)
鶴巻氏 傾向その4
不動産、金融業界では資格取得が実務経験を補う場合も
不動産業界、金融業界は、業界再編が進み現在採用活動が活発です。不動産業界なら「宅地建物取引主任者」、金融業界なら「証券アナリスト」の資格が業界入門につながる資格としては有効です。ただし、資格と実務経験を比べた場合、実務経験を重視する企業が圧倒的に多いのが現状です。(鶴巻氏)
持っていると企業に歓迎される資格
※「資格取得の目安」はヒューマンアカデミーに通った場合(一部を除く)
TOEIC
資格取得の目安 ───
目指すは世界で活躍できる営業職
実用的な英語能力を評価する認定試験。リスニング試験とリーディング試験が行われ、結果は10〜990点のスコアで表示される。外資系企業に応募しやすくなる、海外出張や海外派遣を任されやすくなるなど、営業職が取得するメリットは多い。応募の際の条件として設定する場合は600点以上を期待する企業がほとんど。
宅地建物取引主任者
資格取得の目安 6カ月〜
不動産業界を目指すならぜひ取りたい
土地・建物の売買に関する知識のレベルを判定する資格。法律上、不動産会社を営業するには有資格者が必須のため、この資格を持っていることが応募の必須条件という企業もある。現在、仲介の仕事を目指すなら、持っていると有利な資格のひとつだ。
ファイナンシャルプランナー
資格取得の目安 3〜6カ月
金融業界、不動産業界で役立つ
金融商品、株式、保険、不動産、税金、年金、ローンなどの幅広い知識をもとに、トータルな資産のプランニングを手助けする資格。この資格が証明する広域な知識とライフプランニング能力は、金融業界や不動産業界などで広く求められている。名刺に書いておくと信頼感が大幅にアップするという意味でオススメの資格だ。
CEDF-Japan
資格取得の目安 4カ月
さまざまな業界知識と信頼感の証
キャリアカウンセラーとしての実践的なスキルを習得する資格。相手に年齢以上の信頼度を与えられるので、特に若手営業職の名刺にこの肩書があると効果を発揮する。
採用に直結しなくても取得のメリットはある
資格取得のプロセスも自己アピールの材料に
資格を取得することはその分野に強い関心がある表れです。ですから、どんな資格を持っているかだけでなく、資格を取得しようと自己投資・努力したプロセスも評価材料にできるので、そのプロセスもアピールすると良いかもしれません。ただし、やみくもに資格を取得するよりも一貫性のある取得が望ましいです。(服部氏)
資格取得で自分の進みたい方向に近づく
将来やりたいことや興味のある分野の資格を取っておくことで、希望する業務に近づけたり、将来の方向性を示す意思表示になります。(田中氏)
事務職 企画職 クリエイティブ職 技術職(ソフトウェア・ネットワーク) 技術職(電子・電気・機械)
営業職の求人を探す
IT・通信系
メーカー系(電気・電子・機械系)
メーカー系(素材・医薬品他)
商社系(電気・電子・機械系)
商社系(総合商社・素材・医薬品他)
流通・小売系
サービス系
専門コンサル系
マスコミ系
金融・保険系
不動産・建設系
その他
EDIT
(株)マインドシェア
COPY&DESIGN
(株)エーアンドエス

会員登録がまだの方

会員登録(無料)

会員登録がお済みの方

「今すぐ転職」にも「いつかは転職」にも即・お役立ち!リクナビNEXTの会員限定サービスに今すぐ登録しておこう!

1転職に役立つノウハウ、年収・給与相場、有望業界などの市場動向レポートがメールで届きます

2転職活動をスムーズにする会員限定の便利な機能

・新着求人をメールでお届け

・希望の検索条件を保存

・企業とのやりとりを一元管理など

3匿名レジュメを登録しておくとあなたのスキル・経験を評価した企業からスカウトオファーが届きます

会員登録し、限定サービスを利用する

※このページへのリンクは、原則として自由です。(営利・勧誘目的やフレームつきなどの場合はリンクをお断りすることがあります)