プロが教える会社訪問時のチェックリスト
社風や人間関係、労働条件など…、面接や会社訪問時に見抜く、会社選びのチェック項目をリスト化。「転職したら実はこんな会社だった…」という結果にならないためにも、会社訪問時に押さえておきたいポイントが見えてきた。
キャリアアドバイザー 川崎あゆみ 氏 会社訪問で社風・労働条件を見抜くポイントを教えてくれたプロ
キャリアアドバイザー
川崎あゆみ 氏
フリーライターとして活動するかたわら、女性の生き方やキャリアについて深い関心を抱き、カウンセリングを学びはじめる。現在、キャリアアドアアイザーとしてカウンセリングにあたるほか、講演・セミナーなども多数。All About「ミセスのためのセカンドキャリア」のガイドとしても活躍。http://allabout.co.jp/career/mrscareer/
社風を見抜くチェックポイント10
労働条件を見抜くチェックポイント10
面接・会社見学など、会社訪問の仕方
社風を見抜くチェックポイント10
1 社員の机の配置がまとまっているか?
独立しているか?
社員の机の配置から、仕事のスタイルがつかめます。何人かの机が集まっている場合は、チーム制で仕事をしていると思っていいでしょう。逆に一人一人の机が独立していたり、パーテーションで仕切られている場合は、各々違った役割や目標をもって仕事を進めており、個人を尊重する社風と考えられます。
2 社員の服装は統一されているか?
自由度が見えてきます。全員が制服やスーツの場合は、規律が厳しく統率がとれていると考えられます。カジュアルな服装だったり、長髪や髪を明るく染めている男性がいる場合は、比較的自由度が高い職場です。
社風を見抜く
3 机に私物が置いてあるか?
厳格な会社の中には、私物を置くことはおろか、机の上が雑然とすることさえ許さないところもあります。きちんと整理された上で、家族の写真が置いてあるとか、ちょっとした遊び心のある事務用品が置いてあるようなら、ある程度自由がきいて居心地のいいオフィスといえるでしょう。パソコンも同じで、好きな壁紙やスクリーンセイバーを使っていたら、自由度は高いでしょう。
4 廊下ですれ違う社員の表情は?
疲れきった生気のない表情をしていたら、「忙しすぎる」「人間関係が悪い」ことが想像できます。逆に、笑顔で生き生きとしていたら、同じ忙しさでも、仕事の充実ぶりがうかがえます。
5 トイレでの社員の様子は?
トイレでは社員の素の表情が垣間見られます。例えば、お客さんが個室に入っていることに気付かずに社内の愚痴を言っている場合、劣悪な職場環境や人間関係の悪さが推察できます。
6 受付の応対は良かった?
特に受付は「会社の顔」なので、受付の言葉遣いや接客態度から、その会社が持っているビジネスマナーが測れます。あなたはこれから社員、もしくは採用されなかったとしても、その後の顧客、利用者になるかもしれない人。受付からぞんざいな扱いを受けるようならば、会社の姿勢に疑問を持ちましょう。
7 面接担当者の態度は良かったか?
こちらの目を見て話し、笑ってくれるかなど、一人の人間として尊重してくれるかどうかが測れます。また、面接担当者が高圧的、横柄な態度だった場合や、質問に丁寧に答えてくれない場合は、この印象が、入社してからの上司のイメージになると言ってもいいでしょう。
8 オフィス内の挨拶や電話の応対は良かったか?
オフィスに入った際に、一向に声をかけてこない、または電話の応対がぞんざいな場合は、「来客の応対は、自分の仕事ではない」という社員の無責任さ、あるいは「現在の顧客や取引先の人は大事にするけど、まだ入社していない人を特に丁寧に扱う必要もない」という意識があるかもしれません。よって入社後に、無責任な教育や指導しかできないことが連想されます。
9 喫煙所があるか?
分煙にしているか、していないかによって、社員の健康に対する意識がわかります。最近では、健康増進法の普及が叫ばれているので、社会の流れについていこうとする会社の意識の高さを測ることにもつながります。
10 部会やサークルがあるか?
OBにサークルや社員旅行など、社外での業務を離れたところでのレクリエーション的な活動があるのかを聞いておきましょう。その会社が人間関係を円滑にしようとする姿勢があるかどうかがわかります。また、部会や研修については、その頻度や内容から、社員を育てていこうという会社の期待をうかがい知ることができます。
ページの先頭へ
これは予想外!?入社後発覚エピソード  〜会社の雰囲気編〜
印象が悪くなった・・・
オープン間もないお店だったので元気な雰囲気だろうと思って入社したが、実際は経験不足で手探りな部分が多かったり、意見の食い違いなどによる対立や揉め事が絶えなかった。(サービス)
堅実な雰囲気の会社だと思って入社したが、実際は独裁者的な上司がすべてを支配していて、彼の機嫌しだいで仕事の方針がコロコロ変わる。(ソフトウェア・情報処理)
クリエイティブで自由な社風だと思っていたが、実際は非常に体育会系的な組織で、「上下関係偏重」の人間関係ばかり押し付けられた。下の人間はそれに対して不満を感じていて、仕事に対する取り組みも不真面目だった。(その他業種)
看護師としての勉強ができると思っていたが、研修はあるが新人や若い人がメインで、あるとしても院内研修だけで、学会や協会研修や勉強会の機会はほんの一部だった。(医療・福祉関連)
「初めての人でも親切に教えます」という求人チラシを見て、アットホームな職場だと思って入社したが、実際は女性社員の陰湿なイジメや陰口が酷かった。(流通・小売)
印象が良くなった!!
納期に厳しい業界なので、ピリピリした人間関係をイメージしていたが、職場の上司も先輩もみんなのんびりしている。そのため長期間勤めている人が多い。(その他業種)
面接のときに「厳しい社長」というイメージを持った。たしかに社長のワンマン経営ではあるが、その社長は超えられない“何か”を持っていて、緊張感が刺激的で新鮮 !(ファッション・アパレル・アクセサリー商社)
配属先が高度な技術者ばかりの部署だったので、会話も無駄がないと思っていた。しかし、実際は気さくに話す人間が多く、ジョークが飛び交う職場だった。(団体・連合会・官公庁)
[調査概要]インターネットでアンケートを実施
調査期間:2006年11月23日〜11月25日
調査対象:転職活動経験者100人(有効回答数100件・インフォプラント調べ)
ページの先頭へ
労働条件を見抜くチェックポイントはこちら
キャリアアドバイザーに聞く 面接・会社見学など、会社訪問の仕方
● アポイントをとるなら、訪問時間にも配慮を
突然の訪問はNG。休日の様子を見たい場合を除き、事前に必ず、企業の人事担当者、あるいはOB・OGとアポイントを取りましょう。その際はまず電話かメールで、「御社に興味を持ったので訪問したい」という旨を伝えてください。訪問日時は、相手の都合に合わせましょう。もし希望を伝えるとしても、始業直後・昼休み前後から30分くらいは避けるようにしてください。
● 遅れそうなときは必ず事前に連絡を
当然ですが、遅刻は厳禁。先方の受付には少なくとも5分前には到着するように。万が一、交通渋滞、電車遅延などで約束の時間よりも遅れそうなときは、必ず連絡を入れるようにしましょう。会社に着いたら、受付やほかの社員の人など、応対相手以外の人にも礼儀正しく接することが基本です。また、退出のときは先方からもらった名刺を置いて帰ってしまう人もいるので注意を。
● 靴やコートまで見られても大丈夫なように!
スーツ・ジャケット着用。受付に行く前に、駅やトイレ等で身だしなみをチェックしておきましょう。コートは、脱いでおくことが基本で、靴は汚れていないか、ネクタイは歪んでいないかも確認しておいてください。ちなみに男性の場合は、寝癖はついていないか、ひげは、きちんと剃ってあるか、タバコの臭いは大丈夫か。女性だったら、普段より少し控えめの化粧で、華美なアクセサリー、香水はつけないように注意しましょう。
● “訪問後は即お礼”が好感度を上げる
お礼の手紙やメールは、なるべく早いタイミングで書きましょう。1週間以上遅れたら、「今頃?」というマイナスの印象を与えかねません。盛り込む内容は、「お忙しい中お時間を割いていただき、誠にありがとうございました」ということをまず伝え、「うかがった話が、非常に有益であり、入社したいという気持ちがより強くなった」という旨を。そして最後に、「○○さんのますますのご活躍をお祈りし、取り急ぎお礼申し上げます」というような表現で結びましょう。
スタッフ

会員登録がまだの方

会員登録(無料)

会員登録がお済みの方

「今すぐ転職」にも「いつかは転職」にも即・お役立ち!リクナビNEXTの会員限定サービスに今すぐ登録しておこう!

1転職に役立つノウハウ、年収・給与相場、有望業界などの市場動向レポートがメールで届きます

2転職活動をスムーズにする会員限定の便利な機能

・新着求人をメールでお届け

・希望の検索条件を保存

・企業とのやりとりを一元管理など

3匿名レジュメを登録しておくとあなたのスキル・経験を評価した企業からスカウトオファーが届きます

会員登録し、限定サービスを利用する

※このページへのリンクは、原則として自由です。(営利・勧誘目的やフレームつきなどの場合はリンクをお断りすることがあります)